2017年02月14日

薬の安全管理は穴だらけか?薬局でC型肝炎治療薬の偽造薬発見

最近、C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されました。

ギリアド・サイエンシズ社が販売しているC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽物が、奈良県内の薬局チェーンで発見されたということです。
しかも、いくつかのパターンの偽造薬が出回っていることが明らかとなりました。
N811_toridashitajyouzai_TP_V.jpg
本物のハーボニー配合錠は、菱形でだいだい色ですが、

ケース1 奈良県内で見つかった偽造薬は薄い黄色で形状も異なっていました。成分を分析したところ、複数のビタミンを含有する錠剤であることが判明しました。
ケース2 同じボトルの中に、類似の医薬品であるソバルディと、紫色をした小さな錠剤が混在しており、紫色の錠剤は漢方薬でした。
このほかにもいくつかのパターンがあるようです。

スポンサードリンク





まず、この時点で大きな疑問が出てきます。

@我々が薬を薬局で買うときには、薬剤師は色を見ていないのか?
専門家に確認したところ、それはわからない、という答えがかえってきました。
これが私にとっては、衝撃的でした。

ここから、食品と薬の管理などについて比較をしてみたいと思います。
食品は色にかなり気を遣っています。たとえ、少しでも色がおかしければ、小売りからクレームが来るので、原料からかなり気を遣います。同じ食品でも、原材料は毎回同じところから仕入れているとは限らず、毎回原材料の色も完全に一緒ではないため、同じ工程で作っていると、毎回色が少しずつずれます。が、最終的に一定の範囲にくるように、色を付けたり、材料の量などを微妙に変えて、色が、一定の幅に入るように調整します。色は食品にとって、安全性などを担保するための一つの「要素」なんです。
消費者がチェックできるのもポイントです。

一方の、今回の薬です。どうやら、薬剤師は、薬局で薬を処方する際に、薬の色をチェックすることが必須ではないようなのです。
とはいえ、毎回同じ薬を使っている、薬を注意深くみている患者さんでもない限り、薬の色がおかしいかどうか等、どの患者が発見可能でしょうか。かなり難しいと思います。

色という、比較的わかりやすいもの、それをもって、おかしい、と思える要素があるにも関わらず、薬としては、色は「おまけ」に過ぎないと認識されているのです。

WHO(世界保健機関)によると、偽造薬もしくは粗悪品は、世界全体で出回る薬の中の10%にもなるそうです。
偽造薬はたくさん出回っているのです。

また、ジェネリック医薬品が最近普及していますが、厚生労働省では、普及薬との同等性検査はしますが、色なんて関係ありません。というか、そもそも、オリジナルの薬についても、調べた限り、色は調査対象になっていないようにしかみえません。

よく使うオリジナルの薬だけなら、まだ、なんとなく色が分かるかもしれませんが、その他も星の数ほどあるので、きちんと基準を決め、色をチェックするような体制を作らないとチェックは無理です。

ちなみに、今回のケースでは、形まで違うようですね。論外です。管理が甘すぎます。

スポンサードリンク






A薬業界の流通についてです。
日本では医薬品の流通は厳しく規制されています。
医薬品メーカーから、卸におろされ、そこから、医者や薬剤師に売られます。
MRってよくききますが、彼らは薬を売りません。あくまでアピールのみです。

つまり、薬の流通ルートは、卸のみに限定され、固くやっている、はずでした。
それがどうでしょう。
今回の報道では、卸をいくつか経由している旨も書かれてあります。
おそらく、ジェネリック業者(海外含む)が増え、それを扱う卸が増加し、有象無象の業者、ルートが新しくできてしまっているのでしょう。
こういうことがないように、原則対面販売、インターネット販売禁止にもなっております。
今回は、内容がビタミン剤とかだそうですが、場合により、人体に有害な毒などの物質が入っていてもおかしくないわけです。

口に入れる、しかも弱っている時に口に入れるものの流通管理がこんなに甘いとは、、、言葉がありません。


B医者、薬局は、卸から薬を買います。
そこで仕入れ価格と販売価格には差がありますので、利益がでます。
オリジナルの薬は利益が少ないですが、ジェネリック医薬品はオリジナルよりも多く利益がでるようになっていますし、仕入れ価格にも差があります。

医者、薬局が自分の利益を第一に考えるなら、怪しい卸業者が持ってきた、ジェネリック薬を買うでしょうね。
色とか形はきちんと把握していませんので、名前くらいしか、本物と考える理由はありません。
名前を偽装しているとしたら、、、

もうめちゃくちゃです。


Cジェネリック医薬品は、果たして安全なのか、あなたは使っても良い人なのかどうかを見極めるには、
どう考えればよいか、などを書こうと思っていたのですが、
そもそもの根幹が崩れるような事件が起きてしまいましたので、この記事が先になりました。
(今度書きますね)

薬の製品管理全体がおそろしく甘すぎます。おそろしい。。。
行政は早急に相当の対策が必要でしょう。

今回は薬局で発見されましたが、患者にわたれば、発見すらできず、そうして売られたものが今までもある程度あるのでしょうね。。。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

魚沼産米に中国米混入〜過剰なブランド志向と希薄な産地表記と管理

JAグループ京都の米卸「京山(きょうざん)」が販売する複数のコメに産地偽装の疑いがあり、
魚沼産などに他府県産や中国産が混入していたそうです。

個人的には、別にびっくりすることではないかなと。コメでこの手の話は、そこまでコメに詳しくはない私でもニュースじゃなくてもだいぶ前に人づてにも聞いたことがあります。
そもそも、魚沼ってそんな広い地域じゃないので、そんなにたくさん供給するのは無理だと。
TCIMG_1634_TP_V.jpg
魚沼産コシヒカリは68000トン、全国のコメの収穫量の0.76%程度しかないそうです。

しかし、魚沼産コシヒカリが欲しい人は割合として、おそらくもっとたくさんいるわけです。そんで高く売れるわけです。
一部は海外にも売っていて、今後輸出は増えるでしょうから、今後はなおさら希少になります。
今でも希少なので、偽装とかやってしまうわけです(偽装をかばっているわけではないです。もちろん悪いことです。が、その背景から考えたい。)。中国産を入れたのは最近からかもしれませんが、他府県産は、発覚していなかったのも含めて、今までもちょこちょこあるかもしれません。

一般に、特Aクラスのコメが一番おいしいとされていますが、北海道や西日本など他の産地のコメも特A5クラスのものが増えています。コメはふるさと納税とかでももらえますし、1kgや2kgなど少量から買えるものも増えています。色々食べてみる方がよいと思います。魚沼産以外にもおいしいお米たくさんありますし、逆に、魚沼産でもおいしい地域とそこまでではない地域があるようです。ブランド名に踊らされすぎな気がします。

極端なブランド志向が需要と供給のアンバランスを産み、不正が発生しているわけです。
全体としてコメの消費量は減っているんですけどね。


ほんとうにそこまでのこだわり必要ですか?

スポンサードリンク





それ以前に、日本はそもそも、食品に関する産地の概念が薄く、また、商品管理が甘いと思っています。

アメリカで育てた子牛を輸入して日本でたった三か月以上育てたら国産牛になります(日本で生まれて日本で育てたものは和牛)。

10年程前まで、岡山(実は全国の黒豆生産8割が岡山)で作った黒豆を兵庫・丹波で袋詰めして丹波の黒豆として売っていました。10年近く前に法律が変わったため、今は岡山県産 丹波黒大豆として売っているようです。。。まぁ、違法ではないでしょうがどこの製品だよって感じです。


ヨーロッパでは、原産地表示に対してはかなり厳しく、シャンパーニュ地方で作ったワインしか、シャンパンと呼べませんし、ドイツでは、麦芽100%でないとビールと呼べません。

これと比べると、日本の基準ははっきり言ってそもそも不明確であることが多いです。

ところが、明確にすると売れなくなる商品もあることから、無理に世界基準とあわせたり、厳しくしたりしていないと思われます。(例えば、ヨーロッパとあわせて、麦芽100%じゃないものをビールと呼べなくなったら、日本で作っている麦芽100%じゃないビールは名前を変えねばならず、その結果、売り上げが落ちても困りますよね。)。

しかし、世界各国から食料が入ってきたり、輸出していき、いろんな商品の選択肢が増えていく中では、もっときちんと原産地や、製造工程などを見える化していかないと差別化できず、日本の農産物を海外の農産物よりも高く売り続けることは難しいかもしれません。

例えば、管理番号を一つ一つつけるような上海ガニのような高級商品にはなりにくいことが考えられます。日本製のワインは、ヨーロッパでは、原産地がはっきりしていないということも理由となり、あまり売れていないようです。

大手スーパーや市場の一部などでは、トレーサビリティがきちんとしており、どこで作った、どこで精米した、などの情報を付加して売る試みも多くなされています。作った人の顔が見えるわけです。

こうしたトレーサビリティがきちっとしていないと、豚がちょっとでも入ると食べられないイスラムの人向け食品やベジタリアンなどの要望は満たせませんし、一般の人でも、全く関係ないものが混じっているといやなことも多いでしょう。




こうした状況や農業の国際競争力強化も踏まえ、2017年から農水省と消費者庁が考えて、今年から新制度を導入、
(コメじゃないけど)一部の加工食品については、表記を細かく書かなければならなくなるそうです。

製品:ハム
原料:豚肉(米国産)みたいに。


ところが、例外規定を使えば、こんな書き方も許されるそうです。

1 製品:ハム
原料:豚肉(原産地 国産または輸入)

2 製品:ハム
原料:豚肉(加工地 日本)   (*原産地は書いていません)

ここまでくると、もう遊んでいるとしか思えませんw
原産地をあやしくすることを国として認める制度になっています。。。
農業分野ではよくある、議論を進めていく過程で、困る人たちが政治家とか権力者に頼んでねじ曲がっていく好例ですね。

そろそろ、産地はわかりやすく、管理はきっちりできませんかね。

スポンサードリンク





グルメな人が、産地にこだわるならこだわっても全然いいと思うのですが、それならば中国産を見抜くくらいの舌をもつべきで、逆に中国産が見抜けないなら、そんなにこだわらなくていいんじゃないかと思うわけです。

つまり、ニュースで大々的に中国産が入っている、ひどいよっていうからわかっただけであって、
知らずに、気づかずに食べてた人たくさんいるでしょうよ。
中国産が5割近くも入ってたら見た目でも気づきそうなものですw

味がしない変な成分が入ってて怒る場合とは違って、味は我々の舌でもチェックできます。
ブランドだからいい、と鵜呑みにしないで、自分でほんとうにおいしいかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

昔、タイ米が売れなくて、日本米とセット販売されてた時代がありましたね。今、タイ米避ける人どのくらいいるんでしょうね?(^^)冷凍食品なんかにはいっぱい入っているはずですが。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水富美加さん引退、そもそもレプロエンタテイメントがブラック過ぎる

清水富美加さんが、急遽引退される、というニュースについて、
フーン('ω')、って思ってただけなのですが、ちょっと調べてみると、
なんだか次々におかしなことが出てきて、言いたいことができたので記事にします。


DG7vcFZ0.jpg
https://twitter.com/sengen777、清水富美加さんの法名:千眼美子名義のツイッターより抜粋)
清水富美加さんは、レプロエンタテイメントという会社に所属しております。
そこそこ有名な事務所で、ガッキー(新垣結衣)、とか、能年玲奈(現在はのんとして独立済)とか、マギーの事務所らしいです。


その事務所の評判があまりにも悪すぎます。

稼げるようになりはじめたら、月5万円の給料制になるとか(清水富美加も能年玲奈もそうらしいです。ガッキーは違うようですが)、望まない仕事を入れられまくるとか、
事務所は何もしてくれないとか、マスコミがでてくるときはヤクザみたいな人がうろうろしてるとか、、、
芸能界でも評判は最悪のようです。

清水富美加さんの仕事をしないことに対する主張が、出家するとか、体調不良とかころころ変わっていておかしいと事務所は言っていますが、事務所は事務所を守るためにそう言っているだけで、清水さん的には仕事を休むことが至上命題だったのでしょう。2016年3月頃のブログを読んでみても、すでに結構疲れているさまが書いてあり、ブログにこんなこと書いてたら、私なら少し休ませるけどな、と思います。
そもそもブログで残していい内容か?とも思いますが。。。明らかに疲れてますよね。

↓嫌な仕事の代表例として、アマゾンランキング一位になっています。。。




(以下16年3月のある日のブログ内容)
・・・・・・・・・・・・・・
ふみカスです。


最近生きてる気がしませんでしたが

なんとかまた、行けそうです。


平坦な日々でしたが、
平坦にしてるのは自分でした。

憂鬱な日々でしたが、
憂鬱にしてるのは自分でした。


出来ないことの方が多い上に故に
色んなことにビビってばっかりで
色んなことに甘えてばっかりで

億劫になってだらついてました。
そして開き直ってました。

まじゴミクズでした。


今年もまた色んなやばいことが
私を待っているだろうけど
そこで終わりたくないです。

次のステージが何か
あんま分かってないけど
次のステージに行きたいです。

今なにかのステージにいるんだから
次のステージもあるんだろうと思います。

あんまり分からないなら
それを探すステージかもしれないですね。


まぁ、いいや。
おーけーおーけーです。


気持ちの切り替えのために
ブログを更新しました。

すいません、
もうちょっと頑張りますね。


ではまた

・・・・・・・・・・・・ここまで(http://yaplog.jp/lp-s-fumika/より引用)
スポンサードリンク





明らかに鬱っぽい。ここまでブログに書いてしまうのは、フレンドリーというより、
言うところがなく書いてしまっている気がします。


そして、どうやら、レプロエンタテイメントの会社の体質は今回はじまったことではなさそうです。


能年玲奈の時には、そんなこともあるのかね、能年玲奈干されたねー。勝手に独立しちゃいかんよね、
とかTVに流されて、なんとなく考えていて、たいして調べもしなかったのですが、
今回については、幸福の科学側が弁護士連れて、色々発表したことにより、
何やらかなり様子がおかしい、と思い始め、
いろいろ調べると、レブロエンタテイメントの悪評が出るわ出るわ。。。


会社も反論はしていますが、こういう時の会社って、事実はさておき、とりあえず何もありませんでした、と言うだけで、ほとんど内容に意味はないですからね。。。別に、芸能人側も好き好んでこういう論争を起こしたいわけではないでしょうし、程度はともかく何かあったのでしょう。


そもそも人気者がこんなに短期間に、問題となる形で、次々と独立、引退騒動する事務所はさすがにおかしいと思います。外野からみたってね。


マギーの不倫騒動も、謝罪一切なしで進んでいますし、マスコミも黙っています。
色々理由をつけていますが、ベッキーの時と対応が違いすぎます。
なんらか反応があるべきだと思います。
(個人的にはマギー好きなので出続けてくれるのは嬉しくはありますがw、対応は他の不倫事例と違い、明らかにおかしいと思います。)
スポンサードリンク





一般的に、日本で、新卒で会社に入る時には、どういう条件で入るとか、給料は?とか残業は?とか聞けませんが、他の先進国ではそんなことありえません。
アメリカなんかは、金額書いたオファーが届くこともあります。労働条件は明確です。

日本の労働環境は、サービス残業しまくりなど、労働条件があまりにもひどい場合に助けてくれるところもあまりないです。清水富美加さんも、相談先がみつからず、大川隆法率いる幸福の科学に救いを求めた、ということだと思います。


個人的には、宗教あんまり、というか全然な人なので(理解はしますよ)、そこに逃げるか、と思うわけですが、それは、おそらく、多宗教、無宗教バンザイの日本にいるからであって、世界の多くの人が、困ったときに宗教に頼るのは、ごく普通でしょう。


まぁ、幸福の科学は、最近選挙出たり、地域でバザーやったり、社会進出に積極的ですね。個人的にはあまり興味もないのですし、こちらはこちらで被害者の会とか相当いろいろ結成されているようで、なかなかハードな逃げ先だとは思いますが、ある意味ちゃんと囲ってはくれるwと思うので、そういう逃げ方もありかもしれません。


一般の会社も色々ありますが、子供のころから所属している芸能事務所なんてのは、特に、かなりひどい契約を結ばされている場合がままあるような気がします。お小遣いあげればいいや、みたいな。

仕方がないので、独立なり、転職を繰り返してより良い条件になって人も多いような気がします。まぁ、若干近いところでは、女子アナも独立して給料上がったりしてますよね。


一般の会社人でも、転職を繰り返している人もいます。私が見る限り、実力は?でも、なぜか給料が上がっている人もそこそこいて、
一つの組織で、上に上がるよりも良いのではないか?と思う場合も多いです。
いや、いい会社なら、一つの会社で頑張り続けることを否定する気は全然ないんです。


この問題は、新興宗教が〜、とか、無責任だ、契約途中でやめるなよ、とか言う問題も含んでいて、TVでは、事務所云々の話は言いにくい、言えないらしいので、そのあたりの問題にフォーカスしがちですが、


個人的には、働き方や労使の問題と捉えていて、

その背景となっている、レプロエンタテイメントの労働条件がそもそもめちゃくちゃではないか?
芸能人とはいえ、奴隷みたいなブラックな契約を結ばせるのはいかがなものか、取り締まる方がよいと思う、
とか、
芸能界じゃなくても、みなさんも、いったん会社に入るのはいいけれど、そこがおかしいと思った場合に、
逃げられなくなって色々なものを壊しながら働くよりも、周りも見ておいて、いざとなったら飛び出した方がよいかもしれない、別に、同じ会社で一生懸命働きまくる=幸せとは限りませんよ、とか、


そういうところにフォーカスを当てよう、と思いました。
そういうことも含めて発信できるのがネットメディアの良いところだし、存在する意味の一つだと思います。


真偽のほどはわかりませんが、能年玲奈の時にもネットでは、すでに同社の批判がかなり行われていたようで、
ガッキーも辞めたいとか噂がかなりあるようで、ブラックが板についていると思われるレプロエンタテイメントは、もっと激しく叩かれるべきだと思っています。

雇用者の被雇用者に対する、優位的な立場を利用した個人いじめは許せないです。

芸能界で激しくたたかれれば、一般社会でもブラック企業が減るかもしれないし、労働者は常に弱い立場におかれるので、声があげられない場合も多いけれども、できる範囲でブラック企業は叩かなければいけないと思いますし、いつ、あなたやあなたの近しい人がその餌食にあってしまうとも限りません。まったく他人ごとではないと思います。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

(2/11)トランプ・安倍首脳会談後の記者会見のポイント

トランプ・安倍首脳会談後の記者会見のポイントを記載します。
N811_chirabattakokkicard_TP_V.jpg

○枠組み
・麻生、ペンス副大統領級で日米で、分野横断的な対話を行うことで合意
・通貨は通貨当局同士で話し合う枠組み(閣僚級)を作ることで合意
・経済・貿易・投資の枠組みも作る

○経済、投資
・自動車などで多くの日本企業が現地生産し、雇用を生み出している(安倍)(トランプから日本の自動車輸出に関する批判はなし)
・高速鉄道(新幹線、リニア)など大規模なインフラ投資を行えば、ニューヨークとどっかを一時間で結べる(首脳級で具体的に言及しているので、かなり実現性が高いです。)
・こうした技術力で米国に雇用の貢献をしているし、一層深化する(安倍)
・アメリカ企業に戻って来いといっており、それに基づき、インテル、フォードなど色々な発表をしている。ミシガン、ペンシルバニアなどに工場やプラントが戻ってきて、雇用が戻ってくる。これらは税制政策のおかげ。今後も多くの発表があるだろう(トランプ)
・(税制政策など)ビジネスにインセンティブを与えることをもとにした政策を行う。
オバマケアは悲惨だったが、医療機器の価格を下げるなど新たなヘルスケア政策を導入。国民は満足するはず(トランプ)

○国際
・日本とアメリカの同盟は重要(特に安保の観点で)。
・アジア太平洋地域で日米投資拡大、国有企業の不当な経済介入はダメ(暗に中国のこと)
公正なマーケットを日米で作ることを確認
・自由でフェアなルール作りを作り、それを日米でリードしていく
・アジア太平洋の礎は日米同盟が基礎であり、さらに強化
・習主席と電話会談したが、中国ともうまくやっていけると思う。(この直後に)公平な競争と公正な為替が必要。不当な通貨切り下げはダメ。(暗に中国は入っていると思うが、日本は不明)


○安全保障
・アメリカは国を守るため入国管理を徹底(日本は内政問題であるためコメントせず)
・尖閣諸島が安保第5条、防衛対象であることを確認
・在日米軍の受け入れに感謝。米軍負担軽減のために、辺野古への移設推進
・北朝鮮の核ミサイル、拉致について対処で一致
・航行の自由、東・南シナ海などもいかなる現状変更にも反対、をあらためて確認
・テロとの戦い強化
・世界には、地域紛争、難民、貧困、感染症などの大きな問題があるが、対話が重要。
 対話が閉ざされることを恐れる。意見の違いはウェルカム。(安倍)

(その他)
・アメリカはかつてないほど偉大な国になる。アメリカがもっと偉大な国になることは、日本にとっても世界にとっても有益。
・安倍との友情に感謝、非常に気があう。トランプタワーでハグまでしたのは、そういう気持ちになったからだ。もし、今後、気があわなくなったら言うが、ないと思う。長期的に、互いが利する関係を構築(トランプ)

スポンサードリンク




(評)
非常に有意義な会見だと思います。
アメリカに日本がついていくことが明確にされています。
日本が、新幹線、リニア建設による米国雇用創出というおみやげを用意し、さらに、日米で対話を作り、各国をリードしていく(日米EPAまたは、アメリカ&日本中心のTPPを作り直すのかもしれません)という内容です。
アメリカがやりたいことを日本が協力する代わりに、いい意味で日本は子分第一号としての役目を確保し、日本の主張もビシっと通っています。

拉致問題について、米国側と合意した旨は、あまり記憶にありません。安倍首相は米国を背景にして、すすめ
たいと思っていることは間違いないと思います。

*韓国拉致被害者団体が、12年前に中国雲南省にいたアメリカ人が北朝鮮に拉致されたアメリカ人がいることを発表し、それに伴い、米国国務省が正式に調査を開始したことなどがきっかけで、アメリカでも拉致被害者に対する関心が高まっていることなどをうまいこと日本が利用したのでしょうか?詳細よくわからずですが。


入国管理にせよ、自由な市場にせよ、中国の為替切り下げすぎにせよ、トランプ大統領と日本の立ち位置は、
実は近いところも多く、そこをうまくまとめて発表。
残りは、副大統領級の会談を作り、トップダウンでガシガシやる、経済や為替も含まれる、ということで今後も関係強化する、ということになっており、非常にうまいことやっているという印象です。

ただし、まだ安倍首相はゴルフをしておらず、その間などで、色々入れ込まれる可能性もあり、
それらも含めて宿題がたくさん降ってくるでしょうから、その中に変なものが混じっていると急に厳しくなる可能性もあります。

また、海外から見て、日本はアメリカの味方であることは明確になったので、テロなんかの危険は高まってはいますが、仮に、西の方の国とかがガンガン攻めてくることと比較すると、全然いいと思います。

会談後、3時間では為替マーケット、ドル円は、一瞬円高に振れかけましたが、すぐに戻りました。日本の為替政策に米国が特段何も言わなかったこと、引き続き特に米国の今後の景気拡大期待があること等が原因と思われます。

よかったらこちらもどうぞ♪
【激ヤバ】トランプが国際機関の分担金を減らすと世界中が大ピンチ

↓クリックいただけますと励みになります。応援よろしくお願いいたします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク





posted by newser at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

松野莉奈さん死因判明 致死性不整脈とは?

恵比寿私立中学メンバーの松野莉奈さんが死亡した件で、
死因は致死性不整脈とのことです。
655689309.jpg
致死性不整脈とは、不整脈がおき、心臓に血がいかなくなり、10分以内で手当てしなければ死亡するというもので、主に心臓に持病がある場合に起こるそうです。
彼女の場合、症状が新しく出てきてしまったか、持病が少しずつひどくなってしまっていたなどでしょうかね。
今回の正式発表では、インフル性脳炎などは出なかったので、デマか、もし真実だったとしても、きっかけに過ぎなかった、と思われます。

以前書いた記事どおりでした。(過去記事はこちら

スポンサードリンク





不整脈があるということを早期に発見しておき、いざというときにはなんとかしなければいけないことを
わかっておかなければならなかったと思われます。

12月などにもダウンしており、それ以外にも以前から兆候があった可能性があります。
ある程度わかっていれば、入院するなど、手の打ちようがあったかもしれません。
それでも、10分以内に発見、治療することは難しいので、間に合わなかったかもしれません。
ずっと病院で安静にしているのも現実的に難しいことです。

予防したり、早期発見しておいたり、何かあれば、病院に行って、自分の体のことを知っておく必要はあります。学校や仕事はなかなか休めないですが、命に代えてまで一生懸命仕事をして、本望である、のも場合により否定はしませんが、少なくともまわりの人は悲しいものです。

みなさんにもできるだけ健康に気を付けながら頑張ってほしいです。
それでも、どうにもならないこともある可能性を常に考慮にいれないといけないのかもしれませんね。
健康に限らず、頑張っても何をしても、どうにもならないことは常にたくさんありますよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサードリンク




posted by newser at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする