2017年02月17日

ポケモンGO 金銀ポケモン出現開始! 新サービス浸透の難しさについて

ポケモンGOで金銀ポケモン約80種(ジョウト地方)が新たに町中にでてきました!
今日8時からのようです。
IMG_20170217_113345.png

朝からサーバーが混雑し、なかなかログインできない状況の人もいます。

運営側も、予想以上にアクセスが発生しているといっております。最近としては珍しく相当盛り上がっています。

単なるポケモンの追加だけでなく、技が増えたり、アイテムが増えたりして、
いったん飽きた人も再び楽しめるレベルのアップデートになっており、このレベルのアップデートは、開始以来初めてです。

さて、ポケモンGOといえば、交通を遮断するほどの人の波で問題になりました。

理由の一つとして、ポケモンは通常15分しか出現せず、急がなければならない、というものでしたが、
最近は30分に変わっており、レアポケモンだったとしても、近くにいさえすれば、
比較的歩いてGETできることも多くなっています。

日本では、p-go searchと呼ばれる独自サービスも広く使われており、それさえ使えば、さらに楽にGETできます。

今までやったことがない方も、休憩していた方も、これを機会にまたポケモンGOを開いてみるのも良いと思います。
聖地にいけば、今週末ならまたトレーナーがぞろぞろといることでしょうw

お勧め攻略サイトはこちらです。

スポンサードリンク






さて、車でのプレイや、入ってはいけない地域でのプレイなど違法プレイは、サービス開始よりは自主規制がかかり、やりにくくはなっていますが、一部まだできたりもします。

しかし、それはモラルの問題ですので、危ないことはやめましょう。ほんとうにやめましょう。



ポケモンGO以降、まだ、地図情報サービスを使うゲーム市場は本格化していませんが、今後次々とリリースされるものと思われ、同様の問題が起こるでしょう。

ニュースでは、よく、ポケモンGOをやっていた人が、、、という報道をしますが、他で車でスマホを操作しながら事故を起こした人が、スマホを使いながら、とはいっても、何のゲーム、サービスをしていた、というでしょうか?
聞いたことないです。新しいサービスだけをやり玉に挙げるのはかなりどうかといつも思います。

むしろ、資本主義経済においては、それで市場が拡大したならば、称賛されるべき、だと思います。
実際には、他のスマホゲームの市場をだいぶ食ってしまったので、市場の拡大になっているとは思いにくいところは残念ですが、GPSをゲームで使うことで、今後、ゲームなどサービス市場を拡大させる可能性を見せてくれた点はよかったと好評価しています。


今後、ポケモンGOのようなゲームやサービスは増え、事故を起こす人は増えるでしょう。ある程度自主規制は必要でしょうが、ポケモンGOのせいだけにしても仕方がありません。突き詰めればそもそもスマホを使う際のモラルの問題です。もしかしたら、集中して少しでもミスをしたら事故をおこしてしまう、車や道路のせいかもしれません(そうすると自動運転推進になるかもしれませんね)。


どこでも何かができることは便利であり、地図を使うことで新たなサービスが出てくることは、市場拡大の観点から大変望ましいことです。
しかし、どこでも使える、という新しい使い方が発生したときに、使うと危ない場面などで使う人も発生してしまいます。

危ない事例を認知し、積み重ねていく中で、罰則や自主規制、ガイドラインなどを作り、楽しく、便利に、安全に、問題がないように関係者でサービスを作っていくことが必要だと思います。

今は、その途中であり、こういうIT絡みの話は、新しいことが多いので、どうしてもサービス当初は問題が起きがちです。十分注意しながら使いたいものです、と、自分にも言い聞かせです。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水富美加(千眼美子)告白本電撃出版 泥試合の末に明らかになるものとは?

清水富美加こと千眼美子さんが
暴露本「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」を電撃出版しました。

今日発売だそうですw

本当に欲しい人は今すぐ買った方がいいです。が、でももう遅いかもw
ここになければ、幸福の科学か大きな本屋か怪しげなものまでなんでも売っている本屋に走ってくださいw


DG7vcFZ0.jpg
とはいえ、買わなくても、なんとなくの内容は漏れるでしょう。
これだけ炎上マーケティングすればね。。。でもマスコミ側に都合のよいことだけ内容が漏れたりして。。。ありうる。。。


幸福の科学は、今までも大川隆法教祖の本を年間何十冊も出版しており、
いざ対決しようとなった時点で、すぐに出版して対抗しよう、となったのでしょう。
多少の内容の本ならば出版できるルートはすでに確保できていると思われますし、
たぶん、話していることを誰かがまとめて本にしただけで、
本人が書いたのは表紙のサインくらいでしょう。
程度は不明ですが、脚色もあると思います。

おそらく、初版部数はそんなに多くないので、
売り切れて、増版を狙っているでしょう。短期間ならプレミアがつくでしょう。てか、すでに一部サイトで
ついています。そういう意味では、プレミアつきそうな初版買えた人はおめでとうございますなのかな。

TVは、事務所側にたった報道が多かったこともあり、幸福の科学側としては、TVを持たないので、本で対抗、
という感じなのでしょう。

まぁ、対決してしまった以上、よく考えると、これは想定内でしょう。
今まで叩かれていること多い宗教ですので、こういう対応には慣れているでしょうしね。
こういうゲリラ戦が得意な人々でしょうしね。
かなり泥仕合になってきました。

スポンサードリンク








日本の雇用契約なんて、サービス残業などそもそもが他の先進国よりも相当ひどいですし、
特に、芸能界の雇用契約、特に売れていない時代のものなんて、きっとくそみたいなものでしょうから、
明らかにされた時点で、事務所側が、芸能界の常識です、といっても一笑されて、刑事なり民事なりで、
負けるだけでしょう。
部分的に主張が認められこそすれ、多くの面では、勝ち目がないと思います。

しかしながら幸福の科学としても、単に、清水富美加を引き抜いているようにも見えます。
この点について、事務所側に訴えられれば、若干ひるみますが、それでも、月5万円の奴隷契約が、過去においてでも、仮に本当だとすれば、事務所側の論調には説得力がなくなるでしょう。

たぶん超過勤務でしょうし、病院の診断が出ていることから、労働基準法違反でしょうし、映画を途中で辞めたことについても、そもそもそんなに仕事をいっはい入れてよいのか?という話になるでしょう。

すでに撮った映画は、公開するかどうかは配球会社の自由ですから、イメージうんぬんは別として、そこまで大きな損害を与えたと、法的に認められるかと言われると微妙です。



日本のプロダクションとか会社とか、必要経費の自費負担があまりにも多すぎたり(そもそも本当はないべきなんですが、、、)、
稼いでいる額からもらっている額に大きな隔たりがあったり、会社の都合で我慢しろということがよくあります。日本の会社にはまだまだブラック企業相当多いと思います。。。全部じゃないですよ。



それに対抗する人が反旗を翻す可能性は常にありえて、でも、大体は会社や社会に負けてしまい涙を呑むのですが、
今回、元清水富美加さんは宗教団体という強いバックを得て、バンバンやっておられるので、それはそれでやってみていただいて、労働環境ってそもそもどうあるべきかとか論じていただければ、多くの報われない会社員の待遇が良くなったりする可能性もあるのかな、と考えており、マスコミとかの一方的報道にも釘をさす可能性もあります。
この騒動を通して、何かしらの形で社会がよくなるなら、もっとやればいいのでは?と思っておるところです。

また、幸福の科学に瑕疵があれば、それもどんどん明らかになりますしね。


普段権威を振りかざして、労働をたくさんさせている芸能界の事務所とわりと新興の宗教がけんかして、お互いの悪口をいいあうという素敵な構図になってきました。

どう収拾つくのでしょうね、ちょっと楽しみです。悪趣味ですが|д゚)


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク






posted by newser at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

涼宮ハルヒの憂鬱、NHKで再放送決定・・エンドレスエイトはどうなる?

涼宮ハルヒの憂鬱という、アニメーションがNHKで再放送されることになりました。

711xEUtmGEL__SX466_.jpg
NHKといえば、昔から不思議の海のナディアなど、
そこそこ有名なアニメを流しており、

また、他のTV局が作った、新世紀エヴァンゲリオンや進撃の巨人を再放送として流すなど、
比較的アニメをよく流す、TV局だと個人的には思っているわけですが・・・


涼宮ハルヒのアニメといえば、エンドレスエイトで有名じゃないですか!

これがどうなるかが大変気になっているところです。放送事故になるんじゃないかと思ったり。。。



涼宮ハルヒを簡単に説明すると、

実は自分の思い通りに世界を動かしてしまう、すごくはちゃめちゃな女の子ハルヒとそれをとりまく宇宙人等不思議な人々が繰り広げるちょっと不思議な学園生活アニメ

であり、もともと漫画なわけです。


んで、エンドレスエイトを簡単に説明すると、
ある夏休みが、なぜか延々と繰り返されてしまい、主人公たちはそこから抜け出られなくなってしまう。

それに気づき、どうやって抜け出ればよいかを考えて、解決に向けて頑張る、というお話です。


この話をアニメ化する時に、問題があったのは、この繰り返しの似たような話を、
30分×8週にわたって連続で放送した、という前代未聞のことをやった点です。

毎週、大体同じようなストーリーが流れる(厳密にはちょっと違う)という事態になり、
だいぶ話題になりました。


そこまで忠実に表現しなくても、、、という声が大きく、

DVDなどの発売も、エンドレスエイトの回から半減しました。

今のところ、これについて全部放送するという予定のようですので、8週連続で同じ話が流れるかもしれません。


しかし、批判や極端な視聴率低下が懸念されます。
毎回微妙に違っており、大事な回もありますが、回数くらい減らすかもしれません。
(伏線なども含めて、回数を減らして成り立つのか?という問題がありますが。)

NHKがそういうものを放送してしまってよいのか?(BSプレミアムであるため、衛生契約をしている際は、受信料負担が発生します。)など色々問題が出てきそうですが。


もはやアバンギャルドというかなんというか、このリフレインの手法は、アニメの枠を飛び越え、
現代アートに近いと思われ、ほんとうに抜け出せない、という焦りや、感覚を視聴者にも味わってもらう
(意図せず無理やり味わされる)という意味で、ありか、なしかで言えばありだとは思いますが、
普通の視聴者はついていけず(そもそもついていく必要性があるのか)、
だいぶ評価が分かれるものと思います。

この回が来たら、また噂になることは必至だと思われます。
これに対しての、みなさんの反応が楽しみです。
こういう前衛的な手法は果たして受け入れられるのでしょうか。
あくまで再放送であり、視聴者もわかっているので、
むしろ、その回だけ視聴率がアップしたりすると面白いですね。

早くみたい方はこちら
をどうぞ♪


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク






posted by newser at 04:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

インフルエンザでRISE試合欠場→無期限出場停止は何が問題か?

立技格闘技興行RISEで、1月28日に「RISE 115」というイベントが行われました。

この日のメインイベントとしては、スーパーライト級タイトルマッチ:
王者の裕樹選手と挑戦者のHideki選手の試合が組まれていました。
WEB86_bonniramiai20150207135448_TP_V.jpg
だが、当日になって、Hideki選手のインフルエンザ感染が判明し、ドクターストップがかかったため、Hideki選手は試合に出ず、試合は行われませんでした。

これを受け、RISEコミッションは「プロとしての自己管理の不足」とし、Hideki選手を無期限出場停止としました。

この話について、措置が厳しすぎるかどうか、という論争が起きています。



一般に、学生はインフルエンザにかかると出席停止になるが、社会人は、停止にする義務はないため、今回のケースも、試合なので、主催者の要望に沿う形で出たほうがよいのではないか。会社に勤めていると、周りの人にうつすから、休め、と言われる場合・会社と、そうでない場合・会社があるし、ケースバイケースではないか。

無理やり試合に出て、負け濃厚でも戦うべきかどうか。インフルエンザが観客にうつらないようにマスクでも配るか、ビニール越しに試合でもするか?


こうした議論は起きやすいと思いますが、これらは表面的な話であって、これはRISEを行う興行としての危機管理の問題だと認識しています。




このニュースを聞いて、すぐに思い出したのは、
ちょうど2年前のプロレスの話でした。

新日本プロレスNEVER無差別級のタイトルマッチで、王者真壁選手が、インフルエンザにかかり、不戦敗で王座を陥落したのです。
その時にも、残念だ、という声は上がりましたが、そこまで大きな問題になりませんでした。なぜでしょうか?

当日には、当初出場予定だった挑戦者石井選手と、急遽参戦した本間選手の間で、NEVER無差別級のタイトルマッチが行われたからです。プロレスも格闘技であり、準備は当然必要です。しかし、急遽タイトルマッチ奪取のチャンスができた本間選手は、おそらく準備不足だったとは思いますが、果敢にもリングに上がったのです。

結果、興行として、穴が開かなかったのです。

その際、真壁選手に、王座陥落以外、特段のペナルティがあったとは聞いていません。

王座陥落についても、試合に出られなかったわけだから、それくらいは仕方ない部分もあると思われます。

しかし、実際には、後日、当初行われる予定であった、真壁と石井のタイトルマッチが組まれ(王者は石井)、ファンはその試合をも楽しむことができたのです。

そうした結果、何も問題は起きていないのです。、、

スポンサードリンク






さて、RISEは、選手欠席のため、メインイベントができなかった、と言っていますが、そもそも、メインイベントで、開催できないリスクをそこまで大きく考えるならば、大事な試合には、代理の選手を用意しておけばよいと思います。

仮に挑戦者か王者に何かあった場合には、決定戦に出られる、という権利を持った選手が一人いても良いわけです。オリンピックなんかそもそも補欠がいる競技もあります。
明示的に補欠がいなくても、挑戦者が欠席になった場合、声掛けをして、急遽出場者を募る、というルールを作っておけば、それを狙って準備する人もある程度いるはずです。そのルールをファンに周知しておけば、ファンからの不満も少なくなるはずです。

まぁ、そもそも、メインイベント以外の試合もあったわけで、それらの試合を頑張って盛り上げるなり、
ファンが想定していないような楽しめるイベントをあらかじめ用意しておき、想定していない状態が起こっても、客がそれなりには納得できるような状況にしたり、、、主催者はなんでもできたと思います。

ところで、メイン試合が興行できなかったからといって、チケット代は返還されたのでしょうか?
そのための保険には入っていたのだろうか?そんな話も聞こえてきません。
(興行できなかった時、メイン試合の人が欠場したときに返金するための保険など、保険会社と特別に契約を結ぶことはできると思います。)
今回、一切、客のことを考えた対応ができていません。
(音楽ライブの分野では、2016年11月に行われた、CLASSIC ROCK AWARDS 2016 にて、メインで演奏するはずだった、ジミーペイジ氏が演奏せず帰ったことが問題になり、結局、失望した観客に限り、チケットを返金する対応になったことは記憶に新しいです。)

これらを考えても、メイン試合の一人が欠けたからといって、欠場した選手にすべての責任を押し付けるやり方はばかげています。スポンサーに対して迷惑が掛かったといっていますが、そこまで含めて、運営会社の責任です。

スポンサードリンク





そもそも、RISEとは違うのですが、2016年末に、同じ格闘技である「RIZIN」で、村田夏南子選手が試合前にインフルエンザにかかった、試合にはギリギリ間に合ったという話もありました。

最近のインフルエンザの大流行に鑑み、十分怪しい雰囲気は出ていました。

この問題は、どこかでいつか起きるべくして起きた問題なのです。偶然ではありません。



格闘技でも、普通の会社でもどこでも同じだと思いますが、
その人がいないと絶対に無理である、という状況はなるべく避けるべきで、
何かの時には、お互い補い合うために、会社はいっぱい人数がいるようなものです。

それが個人でなく、会社で仕事をやる意義なので、
なんとかできるように、あらかじめ努力することが必要不可欠だと思いますが、
RISEは、全く危機管理ができていなかったと思われます。

これは、単に、会社から個人への責任転嫁、です。

何をするのでもそうですが、全てがうまくいくことはなく、何かあった時にでも柔軟に対応できるようにする
ことが経営者やリーダー、この場合は興行を行ったRISEサイドに求められる最低限の資質であり、
それを誰かのせいにするなんて、論外です。

最終責任を自分でとるのが、興行を行うものとして当たり前であり、所属する個人を罰しても良いことはありません。個人が仮にこけても回るシステムの構築が急がれます。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

金正男氏 マレーシアで北朝鮮により毒殺〜北朝鮮の暴発が危険

北朝鮮の今の最高権力者は、金正恩(キム・ジョンウン)ですが、
昨日、その異母兄弟、長男の金正男(キム・ジョンナム)氏が、マレーシアで北朝鮮がさし向けたとみられる女性二人により毒殺された、との情報が韓国で報道されました。クアラルンプール空港で毒針を刺されたか、スプレーをかけられたそうです((((;゜Д゜)))(二種類報道があります。)
微妙な立場だったから、普段から護衛とかあまりついていなかった模様ですね。

83a3c484_640.jpg
http://is2.storage.gree.jp/album/43/03/264303/83a3c484_640.jpgより引用)
調べていくと、どうやら、金正男は、中国と近しい関係にあったようで、北朝鮮の現体制を翻す可能性があるなどとして、常に狙われていたと思われます。

過去には、オーストリアなどで暗殺未遂が今までにも何度もあったようです。


北朝鮮は、国の威厳を保つために、ミサイルを売ったり、地下核実験したりしていますが、
最近では、中国の意に沿わないことまでするなど、独裁体制を強めています。


そういう時に、血縁関係の人がいるなんて、邪魔以外の何物でもありません。
日本の戦国時代とかでも、血縁で争うことは非常に多いです。

これにより、一層独裁体制が強まるとともに、ミサイル発射にとどまらない武力行使がないかどうか、中止する必要があるかもしれません。

中国とも最近仲が悪く、トランプが北朝鮮を刺激する可能性も十分あるので、困った北朝鮮が武力により暴発する可能性を恐れるところです。

*ソースなど、コメントで大幅に追記しましたので、よろしければそちらもご一読くださいませ。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク





posted by newser at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする