2017年08月29日

北朝鮮から「飛翔体」でなく、「ミサイル」が撃たれたことについて解説する

今回、北朝鮮から発射され、北海道襟裳上空を通過した飛翔体について、
政府は政府見解としてはじめて明確に「ミサイル」または「北朝鮮弾道ミサイル」と言ったと思います。
(過去に北朝鮮が人工衛星、日本がミサイルといったものがあると思いますが、双方の見解が一致したのは
今回が初めてかと思います。)
これによる政府対応の変化などを解説します。

↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


人気ブログランキングへ

↑今何位でしょうか?

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

↑こちらは今何位でしょうか?



スポンサードリンク











目次
【1 ミサイルと飛翔体の違い】
【2 北朝鮮から「飛翔体」ではなくて、「ミサイル」が撃たれて変わること】
【3 通告の有無からみる国際情勢の変化】
【4 狙われそうな都市について】
E38380E382A6E383B3E383ADE383BCE38389.jpg
※写真は撃ち落とす側のミサイルpac3


【1 ミサイルと飛翔体の違い】

簡単に言うと、
飛翔体・・・飛んでいるものの意。大きく、ロケットとミサイルがあります。人口衛星のはじめも飛んでいくので飛翔体に含まれますね。

砲弾・・・目標に向けて飛んでいくが、飛行しない。
ロケット弾・・・目標に向けて飛ぶが、誘導装置はない。
ミサイル・・・目標に向けて自分でまたは外部から誘導されながら飛行するもの。弾頭に爆発物とかがついていることが多い。
ロケット・・・宇宙に向けて飛んでいき、そのまま宇宙を飛行します。燃料部分とかが途中で落下します。
人工衛星・・・宇宙に向けて飛んでいき、衛星軌道に乗り、地球などの周りを回ります。

こう書くとそれぞれ全然違うように見えますが、ミサイル〜人工衛星については、いったん上空に上がる過程は同じです。ミサイルとロケットは構造上も良く似ています。
軌道だけをみて、すぐにどれなのかを判別できにくいこともあります。軌道がロケットの軌道でなくても、発射国が実験だと説明すれば、明確にミサイルであるといいづらいこともあります。
ミスで軌道が変わったという説明もできないわけではありません。

よくわかりにくいものについては、海とかに落下した後の物体を調べて、爆発物がついているかどうかなどを調べなければミサイルである、と言い切れない場合もあり、そんなこと事実上ほとんど不可能ですから、飛翔体と呼んでいるという事情もあります。

ただし、今回の場合は、アメリカ向けの挑発だったかどうかは関係なく、日本を飛び越えており、仮に、弾頭に爆発物がついていなくても、途中で落ちたり、飛行中の飛行機に当たったら、日本、日本人に確実に被害が及んだであろうことから、「飛翔体」から、「ミサイル」という表現に日本政府が変えたと思われます。
対応が非常に早かったことから、この線引きは以前からできていたものでしょう。


【2 北朝鮮から「飛翔体」ではなくて、「ミサイル」が撃たれて変わること】

今回、「飛翔体」ではなく、「ミサイル」が飛んできたわけですから、これからの政府の対応は変わるでしょう。
たとえば、今までの「飛翔体」は、落ちるまで見届けていましたが、ミサイルが飛んだ事例が一例できたことから、少なくとも日本まで飛んでくるようなミサイルか飛翔体かわからないものについては、その都度打ち落とすことになるかもしれません(まだ無理かもな)。
少なくとも、Jアラートが発動し、ミサイルが近くに飛んできた地域の人は避難することにはなるでしょう。今でも日本の一部地域では行われている、ミサイルに対する避難訓練なども全国的に増えることが想定されます。
戦争状態に確実に一歩近づいています。
まぁ、防衛大臣変えといて良かっ(ry
スポンサードリンク








【3 通告の有無からみる国際情勢の変化】

また、今回、通告の有無についても報道がありますが、これについて説明します。
ロケットや人工衛星は、打ち上げる数ヶ月前に国際機関に対して通告することが義務化されています。
ミサイルをうつという通告をすることはなく(撃つ前に非難されますw)、、
軍事演習ではない場合、通告するということは、北朝鮮の認識として、人工衛星かロケットである、と言っているということです。

が、通告自体、結構徹底していなくて、通告が遅い国も多く、特に罰則もありません。
いつどこに発射するか明確でない通告もあります。
打ち上げてから報告することもありますので、北朝鮮として、報告遅れちゃったけど人工衛星の打ち上げ実験だよ、とかごまかす可能性も0ではないです。

ただし、北朝鮮からの飛翔体については、事前に通告している例も結構あること、今までよりも高い頻度で飛翔体&ミサイルを打っていること、今までとは違うルートに打っていることなどから、明らかに挑発だと思われ、もはやごまかすこともしなくなった、ということだと思います。
情勢はゆっくり着実に悪くなっています。


【4 狙われそうな都市について】

歴史を見ると、広島と長崎に原爆が落ち(当初落とす予定だった都市も大都市ではない)、グアムに先制攻撃がなされていることから考えても、大都市とか限りません。
原発の近くも注意です。
ただし、北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙によると、日本は、東京、大阪、名古屋、横浜、京都に人口の3分の1がいるので、いざとなったら攻撃する、的なことを言っているので、ここらへんが若干危ないかなと思います。とはいっても今住んでいるところから、逃げ出せる人はごく少数ですよね。。。

まー、戦争になっても、後悔しないように、外交や防衛の判断がちゃんとできて動けそうな政党を選挙で選んでおきましょう、少しでも安全なところに逃げられるように対処をしておきましょう、とくらいしか言えません。。。

スポンサードリンク







posted by newser at 10:26| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

日EUのEPA大枠合意のすごさと今後の課題

日EUのEPA(経済連携協定)の交渉について、大枠合意を目指しているとの報道がありました。


このニュースを見て、交渉状況を見て、過去の他のEPAと比べても、著者の見立てでは、ここから、あと5年はかかると思いました。
この手の交渉は、ほとんどの分野で終わっていても、特に終盤に少ない分野において妥協が見込めなかったりして、大枠合意までものすごく時間がかかるのが通例です。
スポンサードリンク





ところが、先ほど大枠合意が宣言されました。これにはびっくりしました。
正直速すぎて、心配です。関係者は、あらためてちゃんと内容を精査したほうがいいです。
今回は、早く大枠合意に至らせたかった要因も多くあったため、こんなに早く実現できたとも思います。
安倍首相のリーダーシップもあり、外務大臣を含めて、関係者がEUに出向いたのも大きいと思います。
安倍首相は、こういう政治主導を続けてくれるといいですね。

さて、今回は、交渉が速く進んだ理由・すごさと、今後の課題などを書いていこうと思います。

1 日本もEUも成果を出すために超急いでいた
安倍政権が、内政の失策、経済の停滞を外交で取り戻そうとしているとみられます。
また、EUも英国離脱により、急速に求心力を失いつつあります。
日EUのEPAが合意すれば、両方の経済が上向き、米国や中国にも自由経済発展に向けた圧力がかけられる、という意味で、政治的な狙いが一致した、非常に画期的な合意だと思います。
本来なら、自動車、チーズ、政府調達などまだまだ難しい案件が目白押しで、とてもすぐに合意できるフェイズではなかったと思います。今後内容の精査により、問題もある程度は表面化してくると思いますが、多少の問題があってもこのタイミングで踏み切れたのは非常に大きいです。
どうしても問題があれば、後から対応すればよいと思います。

2 内政に関しては、自分たちが主導になって決められても、外交は、相手があります。しかも、日本よりもEUはまだまだ強いです。そのEUとの交渉は一筋縄ではいきません。
 これは、ある意味当たり前の話ですが、日本はEUという国と交渉しているわけではありません。
EUの後ろには、多くの国々が控えています。当然、それぞれの国が主張をしております。
日本の立場から見れば、自動車の関税を下げてもらう代わりに、チーズの輸入をみとめよう、なんて考えていると思いますが、EUからみれば、自動車の関税を下げないのはドイツの要望、チーズの関税撤廃はデンマークの要望だから、どちらものんでもらわないとすぐには締結できないよ、となります。
EUが強いとは言っても、実際に影響を受けたり、煮え湯を飲むのは個別の国です。
日EUというと、二国間交渉に見えますが、EUとの交渉は実際には多国間交渉であり、二国間の交渉よりもずっと時間がかかります。
それが、こんなに早く妥結したのは、政治的に日本もEUもかなり強権発動した、ということです。
新しい会議とか何かをはじめるのですら、そこまで簡単ではありません。
ましてや、利害が絡むEPAは外交交渉の中でも難しい部類です。十分安倍政権の成果といっていいと思います。まぁ、自民党の票につながるかどうかはわかりませんが。でも、票につながらないけど、こういう動きが本当は大事です。票につながらないからといって、外交をまったく重視しない政治家が多いのは日本の問題点の一つです。
hirota_chekohurata_TP_V.jpg

3 個別案件の今後の課題について
@政府調達
大きな政府調達案件としては、水があるでしょう。水メジャーを持つフランスが国を挙げて水を売り込みに来ているので、地方の公共事業などでもフランスが参加できることを求めてきているでしょう。今後の水民営化の議論と含めて、これがどうなっていくか、注視する必要があります。日本の水は外資企業が適切に運営する形になるのでしょうか?できるのでしょうか?
大変危ない水道民営化、問題点と方向性を探る

そもそも日本の公共事業の政府調達はどうなるでしょうか?
例えば、今後、築地にテーマパークを作る際には、EU企業が落札するなんてこともありえます。

Aデータプライバシー規則
EUでは、EUの規則において、厳格な個人情報の取り扱いを規定していて、日本は、EUと同等な国だと認められていません(日本も大きく改善したが、まだまだ今後しばらく難しい。)。そのため、EUで使う個人情報のデータは、EU内にデータセンターをおいて、処理している業者が多いわけです。じゃあ、具体的にどこにおいていたかというと、日本で、EUに進出する時には、英語が使える国であるイギリスに置いていたわけです。ところが、イギリスはEUから外れます。そこで、EUに進出している日本企業は、EUに進出する際には、データの置き場所を変えなければならなくなりました。これが、どうなっているか。これが、仮にEPAで担保されていないのであれば、EPA後の課題になります。個人情報を一切取り扱っていない企業はあまりないはず、今後AiやIoTを使い始めればさらに少なくなるはずですが、日本企業はEUで十分に活動できるのでしょうか?ここで詳しくは述べませんが、取扱いを間違うと、何十億円もの課徴金を課される可能性があり、ただごとではありません。

スポンサードリンク





B自動車
自動車の輸出と輸入に関する関税は撤廃されていくようです。韓国車がEUに進出する一方、後塵を拝していた日本車が反撃するチャンスです。日本は、対アメリカで今後輸出を減らさなければならない可能性があります。輸出先の多様化は必須です。果たしてEUでの日本車の売れ行きはどうなるでしょうか。
また、EU車も日本で安くなります。これらを買う人も増えるはずです。これらは日本の消費に良い影響を及ぼすでしょうか。

C農産品
農産品の輸入量はそれなりに増えるでしょう。しかし、日本の農家にとってそこまで脅威かといわれると疑問が残ります。ジャンルによる、というべきでしょう。
なぜなら、農産品は、新鮮度の点でも、送料が安いという点でも、地産地消がそこそこ優位性を持ちます。関税が0になっても、優位性が減るというだけです。
チーズなどの加工品など、比較的高級な商品には影響が出て、少しは安くなるでしょう。これと、日本のブランド製品が対抗することになると思います。
つまり、成城石井などの高級スーパーの値段は下がると思いますが、近所のスーパーの野菜には、そこまで影響がないのではないか?ということです。この点で、比較的近いオーストラリアや近隣アジアとのEPAとは違い、農家や消費者などへの影響も限定的だと思います。

DEUの地理的表示保護制度の話
シャンパンって、本当は、シャンパーニュ地方で作ったものしか、シャンパンってよんじゃいけません。
ビールって、100%麦芽のものしかビールって呼んじゃいけません(ドイツ)。
EUには、こうした規制が多くあります。例えば、日本からEUに輸出する時は、プレミアムエビスはビールとして売れますが、いくつかのまぜものをしているビールはダメなわけです。

また、日本の基準では、例えば、アメリカで仔牛を育てて、東京で生育すれば、東京牛、と名乗っても良いですが、EUの基準では、そんな適当なことは許されません。
こうした違いが結構あります。日本がうっかり、通常の基準でEUに輸出すると、EUからクレームが来る可能性など、問題になる可能性があります。
この辺りをどう切り抜けていくか。

などなど、EUとの貿易においては、相手が先進国であるがゆえに出てくる独自の問題点がいくつもあります。それは、発展途上国や、BRICSなど勢いのある国との貿易とは明らかに違い、EU独自の考え方、制度や慣習などについて、日本側がどう対応していくかということが多いですが、それは、日本側が随分と遅れているジャンルをしばしば含みます。これにどう対応していくか。

EPA大枠合意は大きな進歩ですが、それだけで自由な貿易ができるわけではなくて、ビジネスに際しては、まさにこれから問題が起こります。そうした問題をどう解決していくかにより、どの程度日EUのEPAにより、日本経済を活性化させられるかが決まります。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?


スポンサードリンク






posted by newser at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

海外で困った時にどうすればよいかをまとめてみる(3月31日「通貨」を追加)

てるみくらぶが破綻し、実際に今困っている人も多いと思うところ、
今でもこれからも使える、現地でどうすればよいかを、経験も踏まえつつ、まとめて書いておこうと思います。
主に、日本を離れて現地で対応するためのものについて書こうと思います。
uniairlineDSC00139_TP_V.jpg
1 航空券は、現地の会社でもとれますが、旅行代理店の店舗が少ない場所も多いです(あいている時間帯も日にちも限られます)。
日本人の大手旅行代理店を通したほうが何かと便利ですので、オススメしておきます。
JTB http://www.jtb.co.jp/myjtb/card/globaldesk/
JTB 電話販売センター http://www.jtb-free.com/
HIS http://www.his-j.com/supportcall/(HISで何か買った人のみ)

航空券は、ダブルブッキングされる可能性もありますので、リコンファーム(搭乗の再度の確認)しましょう。搭乗72時間前まで、とされています。私自身は、ダブルブッキングで押し出された経験はありませんが、押し出されて乗れなくなった話はいまでもききます。

ちなみに、航空券の値段は、片道のPEX(正規割引)運賃と往復の割引運賃ではほぼ同じくらいかかることが多いです。
つまり、片道の航空運賃は、想像よりも結構高いですので注意です。

2 ホテルは、国にもよりますが、二つ星以下だとそこそこリスクがあるかと思います。
星の数は、きれいさ、清潔さ以外に、安全性も含んだ数だと認識したほうがよいと思います。
(5つ星でも古くて見た目もきれいではなくて、本当に良いのか?と思うところもありますが、老舗の信頼、セキュリティ、対応などがよい事もあります。)
パスポートをホテルに預けておけるか、自分で持ち続けておいたほうがよいか、は判断ですが、ホテルに預けるのもあんまりグレードが低いホテルやドミトリーの場合はリスクがあるかもしれません(国にもよります)。
全般的に、個人的経験では、普通にホテル、ドミトリーに泊まったときは大丈夫でしたが、民泊はワンランク以上リスクがあがります。
ホテルは、ホテルで直接でも、空港でも、ネットでも、いかようにもとれますし、どこのホテルにも泊まれない、という状況は少ないですが、夜になって、当日のホテルをとれないことはありえますので気をつけましょう(ホテル予約に限らず、夜にできなくなることは結構多いです。)。日本でホテルをとっていっても、ホテルにつくまでに変な人に妨害され、結果、泊まれなかったこともあるので、ホテルにつくまでは安心できないこともあります。

最悪の最悪、空港はだいたい24時間開いていますので、そこでお世話になることもできます(近くにホテルが併設されているところもありますね)し、モスクや寺院で休憩させてもらうことができるところもあります。そのへんの公園野宿とかでもいいのかもしれませんが、やはりリスクがだいぶあると思うので薦められません。

3 パスポートは必ずしも肌身離さず、が最上とはいえません。肌身離さなかったから助かる場合もあれば、逆の場合もあります。大変難しいです。もしなくしたとすれば、現地での再発行はほとんどの国で可能です。
作業としては、現地警察に報告、現地大使館または領事館に報告、新規発行となります。
(すぐに日本に帰る場合、渡航申請を出し、日本に帰ってから再発行することも多いです。)
その際、パスポート用の写真が必要ですが、かなり要件がこまかくて撮り直しになることが結構あるので、
かなりよく確認したほうがよいことと、そもそも撮れる場所がわからないなどの問題があるので、
現地の公館にひとまず一報入れて、そのあたりも含めてどうしたらよいかを聞くことをオススメします。
大使館員であれば、パスポート写真を撮る場所なんて、パスポートをなくした人からしょっちゅう聞かれているはずなので。
(現地の日本大使館リスト)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html

(パスポート写真の要件はこちら)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

4 通貨
有名な先進国であれば、日本円とホテルで直接交換できる国も多いです(レートは悪い)。
たいていの国は空港または銀行で、円またはドルと現地通貨が交換できます(時間要注意)。
レートが問題です。レートがよい順に、1現地の銀行、両替商、2 現地の空港、3 日本の両替商 4 日本の空港、銀行 5 現地のホテル であることが多いかと。ただし、店を構えていないような現地の両替商は辞めましょう。偽札もありえます。同様の理由で、汚い店では、おつりが偽物である国もあるので、大きな金額の札はなるべくわたさないようにしましょう。
また、途上国を中心に、円を扱っていなかったり、レートがすさまじく低いこともあるので、完全に現地頼りにするのも全くおすすめしません。ドルを持っていれば、そこそこのレートは保証されるので、日本など変えられるところでドルに替えておくのも一手です(欧州方面等ならユーロでも)。
交換するときには、100ドル札数枚とかではなく、10ドル5枚、5ドル数枚など小さい単位が多めにあると大変便利です。場合により、現地通貨がなくても、直接ドルで交渉するのも一手です。日本で貨幣が手に入らない途上国に夜に着き、ドルしかなく、空港の両替商もあいていない場合などは、そうせざるをえない場合もありえます。現地通貨に変えることはできても、現地通貨から円に再び交換することが厳しい通貨(レートが悪すぎるなど)もありますので、通貨の交換はご計画的に。

5 電話とネット
海外の公衆電話は数が少ない、壊れている、つながらないのにクレジットカードで勝手に料金請求されるの三重苦です。
ローミングを使い、今日本で使っている電話がそのまま使える国も多いです。高いですが、これは便利です。
スマホをもっていき、現地でSIMカードを買い、使うのが一番安いです。が、できないこともあります(技術的理由など)。
その他、携帯電話を現地の空港で借りたり、現地の旅行代理店で借りたりもできます。固定電話でよければ、ホテルからかけられるところももちろんあるでしょう。
日本ほどネットがどこでも速く使える、無線LANが使えるところばかりではないですので、光ファイバーの速さはあきらめましょう。逆に、公衆無線LANなどは、東欧などではかなり進んでいます。完全に国によります。また、どこの国でも、高級ホテルなどでは、無料WIFIが結構使えます。

電話とネットがあれば、なんとかなることも多いと思います。

6 現地でのレジャー
現地でレジャーを申し込んでもよいですが、業者のよしあしなどわかりませんので、自己責任になります。
後から追加料金が必要なことはよくあります。
JTBなどでは、航空券とは切り離した現地発現地解散ツアーなどを買うこともできます。
ホテルが取りまとめてくれているホテル発のツアーなども若干割高ですが便利ですし、何かあればホテルにいえます。

スポンサードリンク




7 交通手段
タクシーは、ホテルや空港発のものが比較的安全(悪質業者はホテルや空港にいけないことも多いため)ですが、そうでないものもあります。大体のレートを確認しておけば、違法に料金があがりやすい運賃メーター等には対応できます。変なところに連れて行こうとする運転手もいるので、いやなら頑張ってさわぎたてて降りましょう。怒るときには、エセでいいので関西弁(ぽく)が有効です。外国人には怖く聞こえるようです。
人数が少なく、行き先のハンドリングがきかないので、安全度が必ず高いとは思いません。特に、流しのタkシーはおすすめしません(危険度は国による)。
逆に、バスや電車は、変な人に絡まれることもありえますが、比較的安全なことが多いと思います(これも国によります、インドのバスは危険という話も)。
ただし、予定通りに運行されないことも多いです。日本の電車は夜中メンテナンスしますが、壊れた時点でメンテナンスする国もあります(その時間は客待機)。よって、ギリギリの旅程を個人で組むのは大変難しいです。
いざとなれば、ヒッチハイクが使える場合もあります(有料の場合もあります)。というか、車がなければそうするしかない場所もあります。
レンタカーは、車線など交通法規が違うこともあり、短期であれば辞めたほうがよいと思います。
終電はきわめて早いところもあります。ロンドンとパリをつなぐユーロスターの終電が15時台だったのはびっくりしました(今はわかりませんが)。そのかわり、朝は早くからやっていることが多いです。


8 病気になったりお金がなくなったり
海外で病気になった場合のときに保険に入る人はいると思いますが、実際に病院に行く人はあまりいないと思います。病気で救急車をよんでもすぐ来るとは限りません(火事になっても消防車がこない国も多いです。)。日本語がしゃべれる人もいないです。緊急を要しなければ、応急手当だけして、一時帰国するのも手です。基本的に、海外では日本の保険はきかないので、どこでも高いと思ったほうがよいです。急にたくさんのお金が必要になります。

病気に限らず、急にお金が必要になることはありえます。とりあえずクレジットカード、そのキャッシングを使うのも手ですが、海外送金も使えます。ただ、送金が数日かかり、遅いことが多いです。借りられる人がいれば、借りることも一手です。
クレジットカードが生命線の国もあるので、スキミングされないように気をつけましょう(裏のほうにもっていって情報をぬかれて不正使用される)。不正されても、損害額はかえってくることは多いですが、それよりも、しばらくクレジットカードが使えなくなることのほうがずっと痛いです。よって、信用できそうにないお店では、なるべく現金(おつりは偽物かもしれないので、できるだけちょうど出す)がよいです。
当たり前ですが、出発前ならクレジットカードは複数のブランドもって行ったほうがよいです。

場所によっては、送金とかなんとか言っていられない場所もあります。その代わりに現地の人が、日本製品をほしがることもあるので、場合により、売る、または物々交換できることもあります。私がやったのはかなりの途上国ですけど。。。
一芸ができる人なら、現地貨幣を集められますね。何かパフォーマンスできるかたはうらやましいです。
なお、あたりまえすぎてすみませんが、現金などはあらかじめ窃盗対策などのために二つ以上の場所にわけておくことをオススメします。、

9 大変厳しい状況のとき
拘束されたり、連れて行かれたりしたときには、まず、日本人であることが分かったほうがよい場合と、わからないほうがよい場合があります。近年のテロでは、日本人がターゲットに含まれていると思われることもありますし、今後もそうでしょう。その状況判断は大変難しいです。危害を加えない無害な人間であることをアピールし続けるか、隙を見て逃げるか、場合にもよりますし、一概には言えません。言葉が堪能でありさえすればよいとも限りません。相手が公権力などの警察官であっても、偽者の場合もありますし、わいろをわたせば助かる場合もあります。警察が信用できるというのも日本でだけ通用します(日本もあやしいという話もありますが、たいていの場合、比較になりません)。お金を払えば助かりそうならば払ってしまいましょう。ただ、身代金のために誘拐を繰り返す国もあります。お金を出すことが吉と出るか凶と出るかの判断が非常に難しいと思います。なお、窃盗されて追いかけたところ、撃たれて命を落とした例もありますので抵抗するのもよいかどうか。場所により、犯罪の種類、巻き込まれやすいことの例が違うので、できるだけ外務省の現地情報は調べておいたほうがよいです。http://www.anzen.mofa.go.jp/readme/readme.html

相手が公権力の場合は、日本の外務省(Ministry of Foreign Affairs of Japan)の人(現地の在外公館の職員)か、日本の通訳者(Japanese interpreter)を要求する手もあります。が、日本の通訳者が適当なことをいい、不利になることもあるようなので、可能ならば現地の在外公館の職員をよぶほうがベターだと思います。下手に英語で変なことをいうと問題になりますので、英語がよほど流暢でない場合は、考えたほうがよいかもしれません。

ざっとわかる範囲で書いてみましたが、先進国からそこそこの途上国まで(すごく危険な国はこれでは全然無理)向けですので、だいぶ対応範囲が幅広くなっています。思いついたら書き足します。

ご一読いただければ、何かのときにどなたかの役に立つかもしれません。それはそれでブログを書いた意味があります。でも、トラブルに巻き込まれず、楽しく過ごせることが一番で、トラブルを避けるためにどうすればよいかを考えて旅程を組むだけでも、未然に防げるトラブルがあると思いますし、どちらかというとそちらを望んでいます。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク






posted by newser at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする