2017年03月02日

豊洲移転問題から見る小池都知事の悪政

築地から豊洲への移転の問題についてかなり小池都知事がいけていないと思っています。

いや、もっと正確に言うと、彼女の主要政策、立ち振る舞い方のほとんどが全然ダメだと思っていますが、豊洲の問題はあまりにもひどいです。

小池都知事の豊洲の問題だけで何記事も書けてしまうのですが、今回は、この問題を通じて、彼女が都知事として何がダメで、どうあるべきだったかを中心に書こうと思います。

実は数か月前から書こうと思っていたのですが、万が一にも関係者に迷惑がかかるといけないと思い、意図的にそっとしておいたのですが、なんと東京都自身が築地汚染の懸念(もともと有害物質を使うクリーニング工場でした)を発表したので、もうぶち壊しです。書いてしまいます。まぁ、ネットでは書いている人もいますしね。

(注:写真は全て築地市場内のものです)
PAK_TS885eds2_TP_V.jpg

スポンサードリンク





まず、なぜ築地は移転しなければならないのでしょうか?

別に築地のままでいいじゃないですか。別になにもこまってな、、、 → 困ってるんです。だから移転しないとダメなんです。


1 築地市場の衛生状態

実は、築地は衛生状態がものすごく悪いと思われます。

今報道でとりざたされているのは、経緯としての地下の話ですが、その前に地上の状態がそもそもだめです。

夜になるとコンクリートの上をねずみが遊んでいるそうです。
朝にはその上を大きなまぐろがほぼひきずる状態で通ったりならびます。

築地のコンクリートの上の衛生状態の調査とかしましたかね?
なんなら調査しにいきましょうか?

さらに、車の排気ガスがそのへんをうようよしています。
なんかついてませんかね?

出荷する前にまぐろ丸洗いしてますかね?してないでしょうね。

というか、市場を出てからその後も含めて、例えば寿司や刺身として食べるまで、魚どっかで洗ってますかね?
魚って洗うとうまみがおちるとかいってあまり洗っていない気がしますが、、、
切った中の方ならともかく、外側はあやしい。。。と思うわけです。

豊洲の衛生状態、小池都知事の関係者の処罰などについても大いに疑義がありますが、長くて専門的な話になるので、そのうち別記事にします。

gori_TS9V9A8016_TP_V.jpg
2 築地は、老朽化しています。中枢部の鉄骨が落ちるなど事故も多発しています(年間100件)。これをなんとかしないといけません。大幅な改修が必要です。また、物流量が昔よりも大幅に増加し、狭くなっています。
75年前に鉄道で魚を運ぶための設計の建物で、車での物流をしているので、物流も非効率だそうです。
詳しいサイトを発見したので、紹介します。詳しくはこちらへどうぞ。築地関係者も、建物などが限界だと思っている人は多いです。

gori9V9A8107_TP_V.jpg
3 なぜ移転でなければならないか?
大幅改修でもいいと思いますが、その間は、魚を取らないでください、魚を食べないでください、とはいきません。
部分改修をし続けることでもなんとかなるかもしれません。しかし、どうやら中枢部が壊れかけている以上、大部分は他の市場に一時的にでも移転せざるをえないと思います。

PAK_TS885d12_TP_V.jpg
4 どこへ移転すればよかったか

@ では一時的にどこへいけばよいでしょうか?魚を扱えるそんな大きな市場がどこにあるのでしょうか?
やはり、魚である以上、海際だと便利でしょう。魚を船で移動できることは鮮度に影響します。野菜の市場とは最適な場所が違うでしょう。横浜や千葉まで運ぶのでしょうか?そもそもキャパも謎ですが、顧客も毎日朝に横浜や千葉まで買いに行くのでしょうか?そんなに遠くというわけにはいかなかったでしょう。
一時的にでも受け入れ移転は難しかったと思います。


A では、恒久的に移転するとすると、どこが良いのでしょうか?
顧客に移転負担をさせたくないという話と、海の近くという話と、広い土地であるという3つは最低でも満たさなければならないでしょうが、果たしてそんな場所が東京ど真ん中に数多くあるでしょうか?
そもそもそんなにありませんね。その中で、たまたま東京ガスが豊洲に土地を持っており、それに目を付けたのだと思います。
こういう場合、お願いされている側の方、広い土地を持っている方が圧倒的に優位です。代替性がありませんから。
もちろん評価額はあったでしょうが、別にきちんと価格が決まっているわけでもないので、ある程度高い値段にもなったでしょう。

その際に、裏取引もあったかもしれません。それはそれで悪いことなので、わかった時点で取り締まればよいと思います。小池都知事がおおっぴらにやっていいのはここだけだと思います。

その際、化学物質などで汚染された土地かどうか、ということですが、当然汚れていたと双方認識していたでしょう。それよりもむしろ、それをきれいにできるかどうかがポイントです。いったん汚れたら相当長い間きれいにできないということは元素の半減期の長いウラン等ではあるでしょうが、それ以外はある程度頑張ればできる可能性はあると思います。
PAK_TS9V9A8130_TP_V.jpg



5 東京都と東京ガス、築地の人々との長い交渉の末、行われる移転

東京ガスも築地を売るのはいやでしたり、築地の人々も移転賛成の人ばかりではありません。
長い交渉を通して、彼らに対してある程度合意を得て、まさに移転が実現しようとしていました。
移転をすればすべてが良くなるわけではありませんし、移転反対派からは、建物について、一部不備に対して苦情も上がっています。しかし、少なくともトラックの活用を前提とした市場であり、そこそこ大きな地震が来ても安全です。また、少なくとも地上の衛生状態も現在よりは良くなります。


6 ここに小池都知事登場
ちょっと待った、豊洲はきれいなの?と来ました。
しかも、地下の状態はどうなの?と来ました。
問題や何十年という経緯の全体からすると、めちゃくちゃスミをつついています。
これをつつくことで、盛り土の問題につながるわけです。(盛り土の問題については長くなるのでまた書きますが、盛り土はないほうが良かった可能性があります。が、処罰された人がいて、当初通りすることが絶対に正しいことになっているのが恐ろしい。)
そもそも、豊洲も築地と一緒で、「コンクリートやアスファルトで覆われているので問題ない」と思うんですけどね。hahaha.

仮に、職員の規律を正すという意味ではよかったと考えることにしましょう。


しかし、もっとも肝心な市場老朽化の問題はどうなったのでしょうか。
移転先の豊洲開始を止め、豊洲の評判を落としまくったので、イメージも悪くなり、安心できる市場ではなくなりました。移転もかなり難しくなりました。

築地の老朽化に対しても、迅速に手を打っていません。残すなら残すで一刻も早く大規模改修をはじめないと。
仮移転するなら仮移転で移転先を探さないと。

いまのまま大規模地震がきたら、築地市場は崩壊し、魚の物流は止まるかもしれません。
そもそも衛生状態もどうかと思います。早い改善がのぞまれます。

豊洲が悪いと叩くのは結構ですが、それには前提があって、それに対して、どういう解決策を持ち、落としどころを作っていくかを十分に考えることが必須です。

野党であれば、叩くだけでも良い場合もあるかもしれませんが、仮にも都知事であり、全ての責任者です。
仮に、地震があり、築地で死人が出れば彼女の責任です。今、そこまできれいでない魚が食卓にとどいているとしても彼女の責任です。

多くの物事は比較の中にあります。
BESTがいいですが、BETTERでしかないときもあります。そのBETTERを自分で壊しまくり、築地のあやうさまでマスコミに突っ込まれるまでほうっておき、代替案を出せないようでは都知事どころか小さな会社でも相当ダメ上司です。


7 ではどうすればよかったか。

私なら、仮に豊洲の汚染について、気づいたとすれば、徹底調査をします。
そして、それがどの程度問題になりそうかをすぐに判断します。
これはマスコミには別にいいません。食品は信頼性がとても大事だからです。
問題がなかったとしても、風評被害がおきるかもしれません。これはとても困ります。

豊洲の汚染があるかも、という仮に話をしたとすると、その時点で、「移転はしませんよ」、という意味であり、すなわち、代替案にもメドがたっている、ことを意味します。そこまで根回しは済んでいないと、気軽に発言できません。都知事ですから。そうでなくても政治家の一言は非常に大きな影響力を持ちます。

今回の場合、豊洲に問題あり、としていて、かつ、築地にも問題あり、という発表を都としてしています。
代替案はみえてきません。これは、小池都知事が都職員とうまくいっておらず、反旗を翻されているか、小池都知事自身がかじ取りをできていないかのどちらかだと思いますが、都の重要な報道発表について、都知事に通っていないことはありえないので、小池都知事が意図的に出している情報でしょう。それにしては、豊洲への道筋がまったく見えてきません。よって後者だと思います。


代替案がなければ、当然困ります。魚の物流が止まり、東京が食料攻めにあうことは、東京都民の生命に関わりますから、それだけは避けねばなりません。地震などで、機能が止まることも避けねばなりません。そう考えれば、建物の改修や移転は当然だと思います。

その上で、汚染が疑われれば、全力で阻止します。これは当たり前のことであり、マスコミにアピールするネタではありません。

また、過去の不公正取引とかがあれば、処罰します。これは、存分にやればよいと思います。ただし、石原氏や他の人が何かしていたとしても、謝罪すべき人の中には現在の都知事も含まれています。これは、現職である以上当たり前です。どの政策をみていても、小池氏にはこの考え方がみられません。引き継いだ仕事で、前任が無能でも、今は自分の仕事であり、今は自分が問題ないようにやるべきことです。誰が悪かったのかを夜探しするのはどちらかというとマスコミや野党の仕事であり、都知事の仕事ではないと思います。だいたい問題点を解決しなければならないのは自分なので、自分が苦しみます。

小池都知事は、環境大臣だったことから、環境の視点でものを見ているのかもしれませんが、物事は全体をバランスよくみなければなりません。この力に欠けています。おかしなところがあれば、それを叩きまくり、マスコミにアピールし、それをみんなが支持しています。政治家ではなく、「せいじや」状態です。

でも、都知事の仕事は、悪を叩くことではなくて、都民の生活を守るために、良くするために何ができるか、だと思います。
小池都知事は、国政を狙っているのかどうか知りませんが、人気取りをして、既存の在り方を壊すだけ壊して放置しています。これは大変良くないことです。都知事の立場でこれをやるのは、今回っている事柄を止めて、邪魔をしているだけです。やる気のある無能な将軍状態で、もっとも害のある上司の代表例です。

小池都知事には、今一度、何が自分の仕事なのか、を考え、着実におこなってほしいですし、小池都知事の政策をみて支持している、という人は、他の政策も含めて本当に良い政策かどうかきちんと考えてほしいと思います。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク







posted by newser at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

森友学園問題 国有財産の文書管理のあり方に問題あり

大阪市の学校法人「森友学園」が、大阪府豊中市の国有地を小学校用地として、鑑定額よりも大幅に安く取得したとして問題になっています。

なんだか怪しい話なので、どんどん追及をしてくれたらいいと思っているのですが、おかしなポイントに気が付きました。それは、国有財産の管理の在り方です。今回はこれについてフォーカスしていきたいと思います。

PAK105215319_TP_V.jpg

この問題では、2015年秋あたりに行われたと思われる会議録などが、2016年6月の売買契約締結に基づき、廃棄されているとのことです。そして、財務省の文書管理規則上、交渉記録は1年の保存義務しかないので、問題ない、ということです。

財務省は、色々な部局があり、膨大な資料が作成されます。主計局、主税局、最近は国際局などが人気と言われる中、国有財産の管理を扱う理財局は花形とはいいづらく、普段存在感は薄いです。よって、財務省の基準は理財局を中心には回っていないと容易に推測されます。しかし、膨大な資産の管理を任されているわけであり、国の資産全体を考えると、相当重要なポジションです。

そもそも国の予算を決めたり、税金を考えたりする際の交渉記録について、1年で足りるとも思いませんが、一般的な交渉記録についてだけいえば、他省庁と比べて、必ずしも少ないとは言えないでしょう。ここでは一般的な交渉記録については、議論をしないことにいたします。しかし、少なくとも理財局の部分について、国の財産の処分と考えると、他の部門や省庁の話だけ比較してよい話とは思えません。


例えば、我々が電子で確定申告などする際、会社で帳簿を作成する際などの書類の保存期限は7年です。その間は、財務省の外局である国税庁に何か聞かれれば、答えなければなりません。そのために書類を保存しておきます。

会社でも個人でも、特に、お金の流れについては、ある程度の資料はとっておくものであり、たとえ書類の保存期限を過ぎても、大切なものは残しておくものです。それは国も一緒のはずです。
しかし、それが、期限を過ぎて何も残っていない、というのは何やら意図的なものを感じます。急いで捨てている可能性があります。何歩か譲っても、そう想定されてしまう状況があります。

例えば、国有財産や予算の1000万円とかある金額以上の案件については、交渉記録などの資料なども含めてもっととっておくべきではないでしょうか。今回のように、行政で何か問題があれば国会で追及するのでしょうが、あまりにも文書を捨てることが早すぎると、事実が何もわからなくなってしまい、行政のやりたい放題になってしまいます。

この件に限らず、近年、行政文書の廃棄が早い気がします。文書を残しておけば残しておくほど場所も必要で、行政コストが増大することもよくないと思うのですが、規模の大きい国有財産などの案件などに関しては、もう少し文書管理の最低期限をもっと長くし、後から見直すことができるようにすべきではないでしょうか。そもそも、本来は、文書管理の期限ではなく、モラルの問題なんですけどね。。。モラルハザードが起きないようにする、という意味でも期限延長は有効です。

国ではないですが、東京都の豊洲買収の話もグレーですよね。あれくらい前の話になれば、いいかどうかはともかく、資料がないと言われても理解ができるのですが、今回の話は不明瞭で終わらせるには最近すぎる話だと思います。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク







posted by newser at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

ホテル不足解消へ!ホテル予約料金を上げつつ、予定通り休める社会を目指すべき

福岡で、コンサートなどもあり、ホテル不足のため、受験生が困っている旨の報道が最近なされていました。

その解消に向けて色々な人が動いていましたが、報道が収束してきました。
どうやら、民泊などで、泊まりたいところに泊まれるかどうかは別として、どうしても泊まるところがない、という事態は避けられているようですね。とりあえず、一安心といったところでしょうか。

62061608u.jpgこれに限らず、最近、訪日外国人の増加などで、各都市で、ホテル不足になっている、とよくニュースなどできくことがあります。

しかし、これについて、よく考えたらなんとなく、少し違和感を感じています。足りないのはわかりますが、ほんとうにそこまで足りないのでしょうか。

事実として、10年前に比べて、現在の方がホテルの予約は多く入っており、時期や場所によっては、多くのホテルが数か月前には満室、ということもあります。
しかし、当日夜には、ぽつぽつ空いていることもあります。これはなぜでしょうか。


この一因として、旅行代理店を通して、旅行に行く際、3週間前までであれば、キャンセル料が無料であることがあげられます。
宿泊だけであれば、一週間とか、もっと近い日程まで、キャンセル料が無料であることも多いですよね。

我々はそれをありがたがって、なんとなく、一応予約したりするのですが、、、
これは、少しでも多く客をとるためにホテル側が競争してきた結果であり、良い慣習だったと思います。
しかし、ホテルの空室率が下がってきた現状においてもこれを続けるべきでしょうか?

最近は、一部の都市のホテルに対して、外国の代理店が、大量に予約を入れることがあります。
きちんと泊まってくれればよいのだが、多めに見込んで後からキャンセルする時もあり、それが問題になっています。
例えば、代理店が3週間前にキャンセルをする場合、ホテル側は、3週間前から、あらためて1からその空き室を埋める努力が必要となります。キャンセルの規模によっては、これはホテル側にとって、かなりきついと思います。
結果、空室が発生してしまうこともあります。

そもそも、予約、キャンセルなどにあたり、ホテル側は対応するために、作業、コストが発生しています。
しかしながら、キャンセル料が無料の期間にキャンセルされる場合、ホテル側は客から1円も取れません。

これは、経済的にはおかしな話です。
ホテル側は、たとえ500円でも、早期予約であっても、最低限の手数料をとるべきであると考えています。
しかも、きちんと徴収できるように先払いにすべきだと考えています。


これを行えば、どういう変化があるでしょうか。

1 見込み客で大量に予約をする悪質な業者、人々が減ります。予約という約束をしたら、きちんと泊まるのがふつうです。行くかもしれないから、と、無料で予約をとりあえずして、平気でキャンセルをする悪質な業者が取りざたされることがありますが、そうした業者は減るでしょう。

2 1により、予約の総数が減るので、ホテルの需要と供給の差が減少するとともに、当日空いてしまうリスクが減ります。普通に泊まることができやすくなります。現在、ホテルの需要が多いといわれていますが、それは悪質なものを含む数であり、ある程度、需要が減ることで、本来のホテル需要をみつつ、必要であれば、適切な戸数に近いホテルをホテル業者が設置できます。

例えば、2020年東京オリンピックでは、ホテル需要が足りないとして、ホテルをたくさん設置したとしても、東京オリンピック以降に東京に訪日外国人が多くなるかどうかはわからないですし、政治的、経済的問題などで、急に減るかもしれません。ホテルは建てるのにも時間がかかるし、償却にも時間がかかります。しかし、海外からの客が減るのは一瞬です。予約数にまどわされることなく、実際の宿泊数を明確に把握し、できるだけ既存のホテルなどを有効活用できるようにするべきだと思います。

3 通常、予約という作業に手数料が発生することで、予約作業に対して少しの報酬がホテル側や代理店に支払われます。予約し、キャンセルになれば、そのコストは、ホテル側や代理店が負担していますし、我々はそれが当たり前だと思ってきました。しかし、代理店やホテルといった業種の賃金は低いところも多いですし、予約が増える一方、キャンセルも増えてきており、業務自体が増えています。これらに対し、対策をとらなければならない時期にきているような気がします。また、予約キャンセルで発生した手数料分、実際に泊まる人の宿泊料金を下げる、ということも可能です。

もちろん、空室率が高くなることにより、ホテルが客室単価を値下げせざるをえない可能性もあります。
しかし、全体の需要が上がっている昨今、そうした影響は低いように見えます。

一社だけでホテルの予約制度を考えているわけではないため、この問題は、業界全体で考えていかなくてはいけない問題だと思います。





いったんここまで考えて、さらに思うことがあります。
そもそも、なぜキャンセルするのか、ということです。
外国人のみならず、日本人もかなりの数のキャンセルをしているはずです。

日本人がキャンセルする理由としては、そもそも、早くから、旅程の確定がしにくい、ということがあると思います。
それは、なぜでしょうか?様々な事情があると思いますが、その多くは、仕事の都合、ではないでしょうか。
仕事を優先にして、観光などの予定はなかなか決められず、そもそも休みがとれるかどうか、ということに思案する場合が多いのではないでしょうか。


いま、その考え方、風土を変えていかなければならない時期にすでに来ていると考えています。

飛行機は早割を使えば、相当安く旅行に行ける。ホテルや新幹線も、ある程度安くなります。
これらは、働く目的、の一部です。

例えば、海外に一週間行くことが目的であった場合、
普通に行くと30万円、早割で行くと10万円だったとすると、
今までは、仕事を優先にしてきた人の場合、ギリギリまで予定が立たず、30万円を払って、
海外に行っていました。

しかし、企業側が、その時期にきちんと休暇をみとめれば、社員は、安く旅行に行くことができます。これは、社員は20万円を節約できたわけで、それは社員にとっては大変効用が高く、会社から20万円をもらったことと近い効用があるでしょう。

本当に仕事があるから、どうしようもない場合もあると思いますが、
旅行でなくて、もしその休みがインフルエンザであればどうでしょうか。他の社員にうつるリスクをおかしても、無理やりはってでもこさせたでしょうか?

はってこさせる場合もあると思います。その人でないと、代替不可能な場合もあると思います。それはそれである程度は仕方がない場合もあると思います。しかし、そこまでではないけれども、他の人に仕事をしてもらう努力をすることをそこまでせずに、いざというときに代替できる体制もとらず、そのまま無理やりその人がやっていることがあまりに多いような気がします。


まとめると、現状としては、以下のようになっているのではないでしょうか。

自由に旅行ができず、直前までキャンセルができないと長期旅行ができない真面目な日本の社員のために、旅行会社がキャンセルを直前まで許可していた。その結果、大量に予約し、キャンセルに対して抵抗がない人々が優先的に宿泊し、忙しい人は宿泊できない。その一方、キャンセルも大量に発生しており、ホテルなども直前に空室を埋めるのが大変(前もって予約はたくさん入っていたのに。。。)。


これを以下のようにすればよいのではないかと思います。

ホテル側がキャンセル料を少しでもとることにより、大量予約、キャンセルをなるべく防止し、予約の履行確率をあげる。それとともに、一般の会社が、よほどのことがない限り、有給休暇など休みがしっかり予定通りとれるような体制の構築をして、それが魅力の一つである(当たり前といえば当たり前ですが)ことを社内外に当然のこととしてアピールし、離職率低下、採用活動などにつなげる。

これをホテル業界と会社の、主に経営者層が理解すれば、ある程度実施できることのような気がします。


別に、病気や介護で休まなければならない場合には、会社にもよりますが、ある程度理解は得られるものの、旅行などで休む場合については、相当、必要以上に個人として配慮しないと休めない雰囲気、風土が日本にはあると思います。が、同じ休みであり、社員が心身のバランスを保つために、必要なことです。レジャー業界がレジャーの価値を上げるための努力をし(たとえばレジャーをよくとっている社員、会社は業績がよいなどのデータがあるのかどうか等研究)、それに応じて、会社もレジャーを重視するような風土の形成が必要なのではないかと考えています。

海外の人とやり取りをしていると、担当者1か月休みにはいりまーす!とか平気で言われるのですが、なぜこちらばかりそれを踏まえて調整せねばならないのでしょうか?
日本人もそろそろ、それやりましょうよ、やれるような社会に少しでも近づけましょうよ(^_-)-☆



↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク






posted by newser at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

ポケモンGO 金銀ポケモン出現開始! 新サービス浸透の難しさについて

ポケモンGOで金銀ポケモン約80種(ジョウト地方)が新たに町中にでてきました!
今日8時からのようです。
IMG_20170217_113345.png

朝からサーバーが混雑し、なかなかログインできない状況の人もいます。

運営側も、予想以上にアクセスが発生しているといっております。最近としては珍しく相当盛り上がっています。

単なるポケモンの追加だけでなく、技が増えたり、アイテムが増えたりして、
いったん飽きた人も再び楽しめるレベルのアップデートになっており、このレベルのアップデートは、開始以来初めてです。

さて、ポケモンGOといえば、交通を遮断するほどの人の波で問題になりました。

理由の一つとして、ポケモンは通常15分しか出現せず、急がなければならない、というものでしたが、
最近は30分に変わっており、レアポケモンだったとしても、近くにいさえすれば、
比較的歩いてGETできることも多くなっています。

日本では、p-go searchと呼ばれる独自サービスも広く使われており、それさえ使えば、さらに楽にGETできます。

今までやったことがない方も、休憩していた方も、これを機会にまたポケモンGOを開いてみるのも良いと思います。
聖地にいけば、今週末ならまたトレーナーがぞろぞろといることでしょうw

お勧め攻略サイトはこちらです。

スポンサードリンク






さて、車でのプレイや、入ってはいけない地域でのプレイなど違法プレイは、サービス開始よりは自主規制がかかり、やりにくくはなっていますが、一部まだできたりもします。

しかし、それはモラルの問題ですので、危ないことはやめましょう。ほんとうにやめましょう。



ポケモンGO以降、まだ、地図情報サービスを使うゲーム市場は本格化していませんが、今後次々とリリースされるものと思われ、同様の問題が起こるでしょう。

ニュースでは、よく、ポケモンGOをやっていた人が、、、という報道をしますが、他で車でスマホを操作しながら事故を起こした人が、スマホを使いながら、とはいっても、何のゲーム、サービスをしていた、というでしょうか?
聞いたことないです。新しいサービスだけをやり玉に挙げるのはかなりどうかといつも思います。

むしろ、資本主義経済においては、それで市場が拡大したならば、称賛されるべき、だと思います。
実際には、他のスマホゲームの市場をだいぶ食ってしまったので、市場の拡大になっているとは思いにくいところは残念ですが、GPSをゲームで使うことで、今後、ゲームなどサービス市場を拡大させる可能性を見せてくれた点はよかったと好評価しています。


今後、ポケモンGOのようなゲームやサービスは増え、事故を起こす人は増えるでしょう。ある程度自主規制は必要でしょうが、ポケモンGOのせいだけにしても仕方がありません。突き詰めればそもそもスマホを使う際のモラルの問題です。もしかしたら、集中して少しでもミスをしたら事故をおこしてしまう、車や道路のせいかもしれません(そうすると自動運転推進になるかもしれませんね)。


どこでも何かができることは便利であり、地図を使うことで新たなサービスが出てくることは、市場拡大の観点から大変望ましいことです。
しかし、どこでも使える、という新しい使い方が発生したときに、使うと危ない場面などで使う人も発生してしまいます。

危ない事例を認知し、積み重ねていく中で、罰則や自主規制、ガイドラインなどを作り、楽しく、便利に、安全に、問題がないように関係者でサービスを作っていくことが必要だと思います。

今は、その途中であり、こういうIT絡みの話は、新しいことが多いので、どうしてもサービス当初は問題が起きがちです。十分注意しながら使いたいものです、と、自分にも言い聞かせです。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

薬の安全管理は穴だらけか?薬局でC型肝炎治療薬の偽造薬発見

最近、C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されました。

ギリアド・サイエンシズ社が販売しているC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽物が、奈良県内の薬局チェーンで発見されたということです。
しかも、いくつかのパターンの偽造薬が出回っていることが明らかとなりました。
N811_toridashitajyouzai_TP_V.jpg
本物のハーボニー配合錠は、菱形でだいだい色ですが、

ケース1 奈良県内で見つかった偽造薬は薄い黄色で形状も異なっていました。成分を分析したところ、複数のビタミンを含有する錠剤であることが判明しました。
ケース2 同じボトルの中に、類似の医薬品であるソバルディと、紫色をした小さな錠剤が混在しており、紫色の錠剤は漢方薬でした。
このほかにもいくつかのパターンがあるようです。

スポンサードリンク





まず、この時点で大きな疑問が出てきます。

@我々が薬を薬局で買うときには、薬剤師は色を見ていないのか?
専門家に確認したところ、それはわからない、という答えがかえってきました。
これが私にとっては、衝撃的でした。

ここから、食品と薬の管理などについて比較をしてみたいと思います。
食品は色にかなり気を遣っています。たとえ、少しでも色がおかしければ、小売りからクレームが来るので、原料からかなり気を遣います。同じ食品でも、原材料は毎回同じところから仕入れているとは限らず、毎回原材料の色も完全に一緒ではないため、同じ工程で作っていると、毎回色が少しずつずれます。が、最終的に一定の範囲にくるように、色を付けたり、材料の量などを微妙に変えて、色が、一定の幅に入るように調整します。色は食品にとって、安全性などを担保するための一つの「要素」なんです。
消費者がチェックできるのもポイントです。

一方の、今回の薬です。どうやら、薬剤師は、薬局で薬を処方する際に、薬の色をチェックすることが必須ではないようなのです。
とはいえ、毎回同じ薬を使っている、薬を注意深くみている患者さんでもない限り、薬の色がおかしいかどうか等、どの患者が発見可能でしょうか。かなり難しいと思います。

色という、比較的わかりやすいもの、それをもって、おかしい、と思える要素があるにも関わらず、薬としては、色は「おまけ」に過ぎないと認識されているのです。

WHO(世界保健機関)によると、偽造薬もしくは粗悪品は、世界全体で出回る薬の中の10%にもなるそうです。
偽造薬はたくさん出回っているのです。

また、ジェネリック医薬品が最近普及していますが、厚生労働省では、普及薬との同等性検査はしますが、色なんて関係ありません。というか、そもそも、オリジナルの薬についても、調べた限り、色は調査対象になっていないようにしかみえません。

よく使うオリジナルの薬だけなら、まだ、なんとなく色が分かるかもしれませんが、その他も星の数ほどあるので、きちんと基準を決め、色をチェックするような体制を作らないとチェックは無理です。

ちなみに、今回のケースでは、形まで違うようですね。論外です。管理が甘すぎます。

スポンサードリンク






A薬業界の流通についてです。
日本では医薬品の流通は厳しく規制されています。
医薬品メーカーから、卸におろされ、そこから、医者や薬剤師に売られます。
MRってよくききますが、彼らは薬を売りません。あくまでアピールのみです。

つまり、薬の流通ルートは、卸のみに限定され、固くやっている、はずでした。
それがどうでしょう。
今回の報道では、卸をいくつか経由している旨も書かれてあります。
おそらく、ジェネリック業者(海外含む)が増え、それを扱う卸が増加し、有象無象の業者、ルートが新しくできてしまっているのでしょう。
こういうことがないように、原則対面販売、インターネット販売禁止にもなっております。
今回は、内容がビタミン剤とかだそうですが、場合により、人体に有害な毒などの物質が入っていてもおかしくないわけです。

口に入れる、しかも弱っている時に口に入れるものの流通管理がこんなに甘いとは、、、言葉がありません。


B医者、薬局は、卸から薬を買います。
そこで仕入れ価格と販売価格には差がありますので、利益がでます。
オリジナルの薬は利益が少ないですが、ジェネリック医薬品はオリジナルよりも多く利益がでるようになっていますし、仕入れ価格にも差があります。

医者、薬局が自分の利益を第一に考えるなら、怪しい卸業者が持ってきた、ジェネリック薬を買うでしょうね。
色とか形はきちんと把握していませんので、名前くらいしか、本物と考える理由はありません。
名前を偽装しているとしたら、、、

もうめちゃくちゃです。


Cジェネリック医薬品は、果たして安全なのか、あなたは使っても良い人なのかどうかを見極めるには、
どう考えればよいか、などを書こうと思っていたのですが、
そもそもの根幹が崩れるような事件が起きてしまいましたので、この記事が先になりました。
(今度書きますね)

薬の製品管理全体がおそろしく甘すぎます。おそろしい。。。
行政は早急に相当の対策が必要でしょう。

今回は薬局で発見されましたが、患者にわたれば、発見すらできず、そうして売られたものが今までもある程度あるのでしょうね。。。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする