2017年03月13日

日本語ラップのプチ流行と今後のマネタイズを模索してみる

TVで、「フリースタイルダンジョン」という番組が始まって1年半ほどは経っていて、これを契機に日本語ラップ、ラップ(フリースタイル)バトルのブームが起きはじめてからしばらく経ちます。いつまで続くかなーと思っていますが、結構長いこと続いています。文化として根付くでしょうか?
特にラップバトルに関しては、即興の言葉のシャワーがすごく気持ちよいです。良かったらTVででも一度見てみてください(深夜にやっている局も多いでしょうが)。

日本語ラップは、普通の音楽番組を見ていても、出てくることはほとんどなく、一部のお笑い番組とかでゲストで呼ばれたり、CMに使われたりしている程度なので、知らない人は結構まだいるのかなと思いますが、TVでの露出や見えない音楽界への貢献はかなり増えていると思います。


少なくともライムスターやキングギドラというラップ界では著名なアーティストを知らない一般の人にとっては、これ以前にラップが流行ったなーと思ったのは、せいぜい、1999年頃、DRAGON ASHのGRATEFUL DAYSや嵐のA・RA・SHI、KICK THE CAN CREWやそのメンバーのKREVAが取りざたされたときくらいではないでしょうか。17年も前になります。

その頃には、すでに、B−BOY PARKなどの大きなラップの大会ははじまっていて、形を変えながらも、延々と続けられています。単純に攻撃しあうだけでなく、社会風刺や恋愛など内容も多角化し、韻やフロウなどの技術も格段にアップしています。

ラップバトルでは、オーディエンスの声援や、押印の踏み具合、曲にあっているかどうか、言葉に説得力があるかどうか、相手が言ったことにきちんと答えているかどうか等を吟味し、数人の判定員やオーディエンスの声援で総合的に勝敗を判断します。

自分の腕を磨き、これに勝っていくことで、ラップ界での名声を上げて、レーベルに所属したり、CDを買ってもらったりして、売れるチャンスをつかんだりします。


ラップバトル、フリースタイルダンジョンが今流行っている理由として、
私が思うところ、

1、LIVE感覚が受けている気がします。

音楽業界は不況といいますが、近年、ライブの売り上げは上がっています。売り上げが落ちているのはCDなどです。
ラップバトルは、何を言うか事前に決めているわけではありませんし、基本的にはその場でしか聞けません。また、行ったことがある方ならわかりますが、会場の盛り上がり、雰囲気も独特です。好きな人はわりとはまります。


2 目新しい「バトル」のひとつであることも理由の一つかと思います。
ラップは聞いたことはあっても、格闘技などのバトルはみたことがあっても、音楽のバトルはあまり見たことがなく、面白いと思っている人が多いような気がします。
ある意味ラップバトルは、現代の俳句や短歌、和歌などの詠みあいみたいなものだと思っています。

小式部内侍が、意地悪な奴に、歌が上手いお母さん(和泉式部)からの手紙がないと、歌会で歌よめなくて困るだろーほんとは歌なんて読めないんだろーと言われたときに、意地悪を言ったやつの袖をぎゅっとつかんで、「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立」、と即興で歌うようなものです。古文でやったやつです。

もちろん、音楽性もありますが、通常の音楽に比べると、メッセージ性が強く、何を言ったかに焦点が当たることが多いです。


3、TVでやっているフリースタイルダンジョンは、勝敗が簡潔につくことも流行っている要因だと思います。
実際のラップバトルの大会に行くと、延長が非常に多いです。これは、観客がラップバトル好きな人が多く、明確な決着がつくまで僅差であれば延長する、それまでラップを楽しむという文化があるからだと思います。これに対し、フリースタイルダンジョンは、観客の声援にポイントはなく、判定員も5人、判定しないということもできないため、必ず決着がつきます。実際のラップバトルの大会よりもわかりやすく、簡潔にしており、この設定が、TVのユーザーにも受けたのだと思います。この点、オーガナイザーのZEEBRAの設定が大変うまいと思います。


このように、いくつかの要因などで、少しヒットしている日本語ラップですが、深刻な問題をかかえています。お金を稼げている人が相当少ないのです。

一部の人は、バトルで有名になり、音楽を作り、音楽を買ってもらうことや音楽会社に所属して生計を成り立たせていますが、サラリーマンやバイトをやったりして、なんとか生計をたてている人が多いです。

音楽が売れなくて困ること自体をラップにしている人も多いくらい苦しいようです。
しかも、所属会社から給料の支払いがないなどのトラブルも一部では起こっています。
今後ブームが続くかどうかは、業界の内側から崩壊する可能性もあり、若干過渡期かな、とも思っています。
(UMBとKING OF KINGSという大きな大会のすみわけができたことでとりあえずの一山は超えたかもしれませんが)

そうした中で、文化として根ざすためには、少しでもマネタイズのチャネルを増やしていくことが必要かと思います。一部のアーティストは、ライブ、CD以外にも、ラップ教室の運営、CMやTV番組、ラジオ、漫画への出演などをしています。しかし、まだまだ少ないようです。そもそも音楽の域をなかなか出られていない気がします。

音楽業界全体がマネタイズに苦労する中、同じことをしていれば、その一部門である、ラップが苦労するのは必然です。

ラップは、言葉を使うので、比較的他の分野とコラボしやすいと思います。
すでに、「R−指定(アーティスト名)」はABEMA TVのCMで、オリジナルなラップを歌っています。言葉がうまいので、ひな壇とかを狙ってみてもよいのかもしれません。

曲としては、「サイプレス上野とロベルト吉野」が、新日本プロレスに曲の提供をしました。ブシロードが買収して以降、他ジャンルとのコラボレーションによりマネタイズを加速している最近の新日本プロレスとのコラボレーションが、良い影響を与えていればよいな、と思います。

しばらくは、他ジャンルに進出し、マネタイズできそうなチャネルを探り続ける努力を地道に続けるしかないような気がします。

ジャンルは違いますが、他ジャンルの進出によるマネタイズの例として、参考になりそうなのは、新日本プロレスだと思っています。
新日本プロレスは、カードゲーム会社のブシロードが買収して以降、積極的に他ジャンルとの交流をはかり、経営を改善しています。
例えば、カードゲーム、ゲーム、ラップ、ドラえもん、スイーツ、写真集、などなど昔のプロレスのイメージでは考えつかなかったジャンルとまでコラボし、ファン層の多様化を狙っています。

ラップも、ラップでニュースやったり、ラップバトルで政治討論会やったり、子供とラップやったり、動物の立場でラップしてみたり、さらなる多様化の中で、面白いと思うユーザーが増え、ラップがもっと身近なものに浸透するようにしていけば日本語ラップが文化として根付くかもしれません。
どうしても敷居が高いですよね。ラップバトルやるのは難しいですし。まだまだ、ラップが定着するかどうかの試みは、始まったばかりな気がします。

最後に、興味が出た方のために、いくつか動画のリンクを貼っておきます☆

フリースタイルダンジョンの最近の一つの回です。
9分からはじまる、熱いライムのNAIKAMCと、韻を踏むことがうまいFORKの試合がとても良く、かなりハイレベルな試合の一つです。



人間対パソコンという設定で、ラップバトルが繰り広げられます。
人間 vs PC RapBattle【DOTAMA vs dynabook】



日本一のラッパーのR-指定が口説きラップをしています。こういうのも最近増えています。



呂布カルマVS鎮座ドープネス 熱い言葉と独特のスタイルで勝負する人同士の対戦です。


as oneの宣伝動画 2対2や、3対3で戦うバトルも増えています。
途中の、DOTAMA、ACE対サイプレス上野、ダースレイダーが面白く仕上がっています。



↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク







posted by newser at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

清水富美加さん引退、そもそもレプロエンタテイメントがブラック過ぎる

清水富美加さんが、急遽引退される、というニュースについて、
フーン('ω')、って思ってただけなのですが、ちょっと調べてみると、
なんだか次々におかしなことが出てきて、言いたいことができたので記事にします。


DG7vcFZ0.jpg
https://twitter.com/sengen777、清水富美加さんの法名:千眼美子名義のツイッターより抜粋)
清水富美加さんは、レプロエンタテイメントという会社に所属しております。
そこそこ有名な事務所で、ガッキー(新垣結衣)、とか、能年玲奈(現在はのんとして独立済)とか、マギーの事務所らしいです。


その事務所の評判があまりにも悪すぎます。

稼げるようになりはじめたら、月5万円の給料制になるとか(清水富美加も能年玲奈もそうらしいです。ガッキーは違うようですが)、望まない仕事を入れられまくるとか、
事務所は何もしてくれないとか、マスコミがでてくるときはヤクザみたいな人がうろうろしてるとか、、、
芸能界でも評判は最悪のようです。

清水富美加さんの仕事をしないことに対する主張が、出家するとか、体調不良とかころころ変わっていておかしいと事務所は言っていますが、事務所は事務所を守るためにそう言っているだけで、清水さん的には仕事を休むことが至上命題だったのでしょう。2016年3月頃のブログを読んでみても、すでに結構疲れているさまが書いてあり、ブログにこんなこと書いてたら、私なら少し休ませるけどな、と思います。
そもそもブログで残していい内容か?とも思いますが。。。明らかに疲れてますよね。

↓嫌な仕事の代表例として、アマゾンランキング一位になっています。。。




(以下16年3月のある日のブログ内容)
・・・・・・・・・・・・・・
ふみカスです。


最近生きてる気がしませんでしたが

なんとかまた、行けそうです。


平坦な日々でしたが、
平坦にしてるのは自分でした。

憂鬱な日々でしたが、
憂鬱にしてるのは自分でした。


出来ないことの方が多い上に故に
色んなことにビビってばっかりで
色んなことに甘えてばっかりで

億劫になってだらついてました。
そして開き直ってました。

まじゴミクズでした。


今年もまた色んなやばいことが
私を待っているだろうけど
そこで終わりたくないです。

次のステージが何か
あんま分かってないけど
次のステージに行きたいです。

今なにかのステージにいるんだから
次のステージもあるんだろうと思います。

あんまり分からないなら
それを探すステージかもしれないですね。


まぁ、いいや。
おーけーおーけーです。


気持ちの切り替えのために
ブログを更新しました。

すいません、
もうちょっと頑張りますね。


ではまた

・・・・・・・・・・・・ここまで(http://yaplog.jp/lp-s-fumika/より引用)
スポンサードリンク





明らかに鬱っぽい。ここまでブログに書いてしまうのは、フレンドリーというより、
言うところがなく書いてしまっている気がします。


そして、どうやら、レプロエンタテイメントの会社の体質は今回はじまったことではなさそうです。


能年玲奈の時には、そんなこともあるのかね、能年玲奈干されたねー。勝手に独立しちゃいかんよね、
とかTVに流されて、なんとなく考えていて、たいして調べもしなかったのですが、
今回については、幸福の科学側が弁護士連れて、色々発表したことにより、
何やらかなり様子がおかしい、と思い始め、
いろいろ調べると、レブロエンタテイメントの悪評が出るわ出るわ。。。


会社も反論はしていますが、こういう時の会社って、事実はさておき、とりあえず何もありませんでした、と言うだけで、ほとんど内容に意味はないですからね。。。別に、芸能人側も好き好んでこういう論争を起こしたいわけではないでしょうし、程度はともかく何かあったのでしょう。


そもそも人気者がこんなに短期間に、問題となる形で、次々と独立、引退騒動する事務所はさすがにおかしいと思います。外野からみたってね。


マギーの不倫騒動も、謝罪一切なしで進んでいますし、マスコミも黙っています。
色々理由をつけていますが、ベッキーの時と対応が違いすぎます。
なんらか反応があるべきだと思います。
(個人的にはマギー好きなので出続けてくれるのは嬉しくはありますがw、対応は他の不倫事例と違い、明らかにおかしいと思います。)
スポンサードリンク





一般的に、日本で、新卒で会社に入る時には、どういう条件で入るとか、給料は?とか残業は?とか聞けませんが、他の先進国ではそんなことありえません。
アメリカなんかは、金額書いたオファーが届くこともあります。労働条件は明確です。

日本の労働環境は、サービス残業しまくりなど、労働条件があまりにもひどい場合に助けてくれるところもあまりないです。清水富美加さんも、相談先がみつからず、大川隆法率いる幸福の科学に救いを求めた、ということだと思います。


個人的には、宗教あんまり、というか全然な人なので(理解はしますよ)、そこに逃げるか、と思うわけですが、それは、おそらく、多宗教、無宗教バンザイの日本にいるからであって、世界の多くの人が、困ったときに宗教に頼るのは、ごく普通でしょう。


まぁ、幸福の科学は、最近選挙出たり、地域でバザーやったり、社会進出に積極的ですね。個人的にはあまり興味もないのですし、こちらはこちらで被害者の会とか相当いろいろ結成されているようで、なかなかハードな逃げ先だとは思いますが、ある意味ちゃんと囲ってはくれるwと思うので、そういう逃げ方もありかもしれません。


一般の会社も色々ありますが、子供のころから所属している芸能事務所なんてのは、特に、かなりひどい契約を結ばされている場合がままあるような気がします。お小遣いあげればいいや、みたいな。

仕方がないので、独立なり、転職を繰り返してより良い条件になって人も多いような気がします。まぁ、若干近いところでは、女子アナも独立して給料上がったりしてますよね。


一般の会社人でも、転職を繰り返している人もいます。私が見る限り、実力は?でも、なぜか給料が上がっている人もそこそこいて、
一つの組織で、上に上がるよりも良いのではないか?と思う場合も多いです。
いや、いい会社なら、一つの会社で頑張り続けることを否定する気は全然ないんです。


この問題は、新興宗教が〜、とか、無責任だ、契約途中でやめるなよ、とか言う問題も含んでいて、TVでは、事務所云々の話は言いにくい、言えないらしいので、そのあたりの問題にフォーカスしがちですが、


個人的には、働き方や労使の問題と捉えていて、

その背景となっている、レプロエンタテイメントの労働条件がそもそもめちゃくちゃではないか?
芸能人とはいえ、奴隷みたいなブラックな契約を結ばせるのはいかがなものか、取り締まる方がよいと思う、
とか、
芸能界じゃなくても、みなさんも、いったん会社に入るのはいいけれど、そこがおかしいと思った場合に、
逃げられなくなって色々なものを壊しながら働くよりも、周りも見ておいて、いざとなったら飛び出した方がよいかもしれない、別に、同じ会社で一生懸命働きまくる=幸せとは限りませんよ、とか、


そういうところにフォーカスを当てよう、と思いました。
そういうことも含めて発信できるのがネットメディアの良いところだし、存在する意味の一つだと思います。


真偽のほどはわかりませんが、能年玲奈の時にもネットでは、すでに同社の批判がかなり行われていたようで、
ガッキーも辞めたいとか噂がかなりあるようで、ブラックが板についていると思われるレプロエンタテイメントは、もっと激しく叩かれるべきだと思っています。

雇用者の被雇用者に対する、優位的な立場を利用した個人いじめは許せないです。

芸能界で激しくたたかれれば、一般社会でもブラック企業が減るかもしれないし、労働者は常に弱い立場におかれるので、声があげられない場合も多いけれども、できる範囲でブラック企業は叩かなければいけないと思いますし、いつ、あなたやあなたの近しい人がその餌食にあってしまうとも限りません。まったく他人ごとではないと思います。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




posted by newser at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

松野莉奈さん死因判明 致死性不整脈とは?

恵比寿私立中学メンバーの松野莉奈さんが死亡した件で、
死因は致死性不整脈とのことです。
655689309.jpg
致死性不整脈とは、不整脈がおき、心臓に血がいかなくなり、10分以内で手当てしなければ死亡するというもので、主に心臓に持病がある場合に起こるそうです。
彼女の場合、症状が新しく出てきてしまったか、持病が少しずつひどくなってしまっていたなどでしょうかね。
今回の正式発表では、インフル性脳炎などは出なかったので、デマか、もし真実だったとしても、きっかけに過ぎなかった、と思われます。

以前書いた記事どおりでした。(過去記事はこちら

スポンサードリンク





不整脈があるということを早期に発見しておき、いざというときにはなんとかしなければいけないことを
わかっておかなければならなかったと思われます。

12月などにもダウンしており、それ以外にも以前から兆候があった可能性があります。
ある程度わかっていれば、入院するなど、手の打ちようがあったかもしれません。
それでも、10分以内に発見、治療することは難しいので、間に合わなかったかもしれません。
ずっと病院で安静にしているのも現実的に難しいことです。

予防したり、早期発見しておいたり、何かあれば、病院に行って、自分の体のことを知っておく必要はあります。学校や仕事はなかなか休めないですが、命に代えてまで一生懸命仕事をして、本望である、のも場合により否定はしませんが、少なくともまわりの人は悲しいものです。

みなさんにもできるだけ健康に気を付けながら頑張ってほしいです。
それでも、どうにもならないこともある可能性を常に考慮にいれないといけないのかもしれませんね。
健康に限らず、頑張っても何をしても、どうにもならないことは常にたくさんありますよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサードリンク




posted by newser at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

松野莉奈さん急死の原因は単なるインフルエンザ脳炎・脳症ではない?


人気8人組アイドルグループの、恵比寿私立中学(エビ中)の松野莉奈さんが、体調不良の後、急死されたそうです。
ご冥福をお祈りします。
655689309.jpg
死因として、ウイルス性急性脳症、インフルエンザ脳炎、脳症という病名を含んだ話がネット上でよく書かれています。

これは、インフルエンザを発症した際に、アスピリン(薬)を飲んだりすると、ごくまれに発生する症状で、
主に、6歳までの子供での発症例が多いです。
アスピリンは、その辺でも売っている病気です。インフルエンザの場合には、その辺の薬を飲むと、危険なことがあるので、高熱の場合は、自分で判断せずにちゃんとすぐに病院にいってください。

しかしながら、専門家によると、これは、成人の大人では発症例がごくまれで(特に日本人では少ない)、さらに、発症してから、ここまですぐに死まで至るというのも疑問が残るそうです。

例えば、心臓の持病があり、インフルエンザで弱ったところに、それが加わったとか、複数の要因が考えられるそうです。若い人では少ないですが、高齢のかたの死因は、一つ代表的なものを死因とすることが多いですが、実際には複数の箇所が悪いこともよくあります。

詳細が明らかにされない事務所発表があり、情報収集がこれ以上は難しそうな状況では、これ以上の推測は難しいですが、

交通事故もそうですし、
どうしても避けられない不幸なこともある中で、願わくば、いつ死んでもあまり後悔のないような人生を送っておきたいものです。

↓クリックいただけますと励みになります。応援よろしくお願いいたします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサードリンク




posted by newser at 20:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

【動画あり】ひるねバイトで日給5万円♪ ひるね姫って何?

映画『ひるね姫~知らないワタシの物語〜』
のプロモで、登場人物のロボット「ハーツ」となり、
思う存分昼寝をすれば、5万円ともろもろの特典がもらえるそうです。
高畑充希さんにも会えると思われますし、
かなり良い条件かと思います☆
HOTE86_tukaretenecyatta15111240_TP_V.jpg
話題作りにわりとこういうの増えましたけど、手法としてわりと好きかもw
内容としては、時をかける少女みたいな感じなんでしょうか???
最近こういうの流行ってますよね。好きですがw

以下、要項です。

【概要】
夢を現実にするための“ひるね”のお仕事!!
ひるね後は映画『ひるね姫~知らないワタシの物語〜』に
登場するロボット「ハーツ」となり、
神山健治監督や主演で主題歌も歌う高畑充希さん他、
豪華キャストと一緒に
完成披露試写会を盛り上げろ!!


▼ロボット「ハーツ」イメージ

・昼寝
・ロボット『ハーツ』となって、会場入り口で御来場者のお出迎え&完成披露の舞台で豪華キャストたちと登壇し、記念撮影など

【報酬】
・日給5万円
・豪華キャストのサイン入りまくら


【待遇】
・全国どこからでも交通費全額支給
・安眠グッズ貸与(まくら・耳栓・アイマスク・3時のおやつ)
・完成披露試写会へのご参加

募集人数
1名

予告動画はこちら。1分17秒くらいから高畑充希さんの主題歌が少し聞けますよ☆



スポンサードリンク





スポンサードリンク




posted by newser at 16:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする