2017年08月29日

北朝鮮から「飛翔体」でなく、「ミサイル」が撃たれたことについて解説する

今回、北朝鮮から発射され、北海道襟裳上空を通過した飛翔体について、
政府は政府見解としてはじめて明確に「ミサイル」または「北朝鮮弾道ミサイル」と言ったと思います。
(過去に北朝鮮が人工衛星、日本がミサイルといったものがあると思いますが、双方の見解が一致したのは
今回が初めてかと思います。)
これによる政府対応の変化などを解説します。

↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


人気ブログランキングへ

↑今何位でしょうか?

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

↑こちらは今何位でしょうか?



スポンサードリンク











目次
【1 ミサイルと飛翔体の違い】
【2 北朝鮮から「飛翔体」ではなくて、「ミサイル」が撃たれて変わること】
【3 通告の有無からみる国際情勢の変化】
【4 狙われそうな都市について】
E38380E382A6E383B3E383ADE383BCE38389.jpg
※写真は撃ち落とす側のミサイルpac3


【1 ミサイルと飛翔体の違い】

簡単に言うと、
飛翔体・・・飛んでいるものの意。大きく、ロケットとミサイルがあります。人口衛星のはじめも飛んでいくので飛翔体に含まれますね。

砲弾・・・目標に向けて飛んでいくが、飛行しない。
ロケット弾・・・目標に向けて飛ぶが、誘導装置はない。
ミサイル・・・目標に向けて自分でまたは外部から誘導されながら飛行するもの。弾頭に爆発物とかがついていることが多い。
ロケット・・・宇宙に向けて飛んでいき、そのまま宇宙を飛行します。燃料部分とかが途中で落下します。
人工衛星・・・宇宙に向けて飛んでいき、衛星軌道に乗り、地球などの周りを回ります。

こう書くとそれぞれ全然違うように見えますが、ミサイル〜人工衛星については、いったん上空に上がる過程は同じです。ミサイルとロケットは構造上も良く似ています。
軌道だけをみて、すぐにどれなのかを判別できにくいこともあります。軌道がロケットの軌道でなくても、発射国が実験だと説明すれば、明確にミサイルであるといいづらいこともあります。
ミスで軌道が変わったという説明もできないわけではありません。

よくわかりにくいものについては、海とかに落下した後の物体を調べて、爆発物がついているかどうかなどを調べなければミサイルである、と言い切れない場合もあり、そんなこと事実上ほとんど不可能ですから、飛翔体と呼んでいるという事情もあります。

ただし、今回の場合は、アメリカ向けの挑発だったかどうかは関係なく、日本を飛び越えており、仮に、弾頭に爆発物がついていなくても、途中で落ちたり、飛行中の飛行機に当たったら、日本、日本人に確実に被害が及んだであろうことから、「飛翔体」から、「ミサイル」という表現に日本政府が変えたと思われます。
対応が非常に早かったことから、この線引きは以前からできていたものでしょう。


【2 北朝鮮から「飛翔体」ではなくて、「ミサイル」が撃たれて変わること】

今回、「飛翔体」ではなく、「ミサイル」が飛んできたわけですから、これからの政府の対応は変わるでしょう。
たとえば、今までの「飛翔体」は、落ちるまで見届けていましたが、ミサイルが飛んだ事例が一例できたことから、少なくとも日本まで飛んでくるようなミサイルか飛翔体かわからないものについては、その都度打ち落とすことになるかもしれません(まだ無理かもな)。
少なくとも、Jアラートが発動し、ミサイルが近くに飛んできた地域の人は避難することにはなるでしょう。今でも日本の一部地域では行われている、ミサイルに対する避難訓練なども全国的に増えることが想定されます。
戦争状態に確実に一歩近づいています。
まぁ、防衛大臣変えといて良かっ(ry
スポンサードリンク








【3 通告の有無からみる国際情勢の変化】

また、今回、通告の有無についても報道がありますが、これについて説明します。
ロケットや人工衛星は、打ち上げる数ヶ月前に国際機関に対して通告することが義務化されています。
ミサイルをうつという通告をすることはなく(撃つ前に非難されますw)、、
軍事演習ではない場合、通告するということは、北朝鮮の認識として、人工衛星かロケットである、と言っているということです。

が、通告自体、結構徹底していなくて、通告が遅い国も多く、特に罰則もありません。
いつどこに発射するか明確でない通告もあります。
打ち上げてから報告することもありますので、北朝鮮として、報告遅れちゃったけど人工衛星の打ち上げ実験だよ、とかごまかす可能性も0ではないです。

ただし、北朝鮮からの飛翔体については、事前に通告している例も結構あること、今までよりも高い頻度で飛翔体&ミサイルを打っていること、今までとは違うルートに打っていることなどから、明らかに挑発だと思われ、もはやごまかすこともしなくなった、ということだと思います。
情勢はゆっくり着実に悪くなっています。


【4 狙われそうな都市について】

歴史を見ると、広島と長崎に原爆が落ち(当初落とす予定だった都市も大都市ではない)、グアムに先制攻撃がなされていることから考えても、大都市とか限りません。
原発の近くも注意です。
ただし、北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙によると、日本は、東京、大阪、名古屋、横浜、京都に人口の3分の1がいるので、いざとなったら攻撃する、的なことを言っているので、ここらへんが若干危ないかなと思います。とはいっても今住んでいるところから、逃げ出せる人はごく少数ですよね。。。

まー、戦争になっても、後悔しないように、外交や防衛の判断がちゃんとできて動けそうな政党を選挙で選んでおきましょう、少しでも安全なところに逃げられるように対処をしておきましょう、とくらいしか言えません。。。

スポンサードリンク







posted by newser at 10:26| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: