2017年07月22日

豊洲無害化方針を撤回 最終的には一兆円〜二兆円のムダ発生か ツケは地方にも

小池百合子都知事(現希望の党党首)が豊洲無害化をあきらめて、豊洲移転方針を決めたそうです。

本当に築地に戻ってくるかどうかも早く決めたほうがよいと思います。

さて、今回の件で、すでにムダになった都税、さらにムダになりそうな都税を算定してみたいと思います。

スポンサードリンク




TSURU17623025_TP_V.jpg


@豊洲移転
本来の豊洲の開場日時・・・2016年11月7日
今目指している豊洲の開場日時・・・2018年春 仮に4月1日に無事に開場できたとします。
実際には、豊洲派と築地派でもめて、予定通りにはいかないと思いますが。

2016年11月7日〜2017年3月31日までにかかった費用・・・40億9100万円
現在1日当たりかかっている管理費・・・2230万円(これは4月の日割りデータであり、実際には夏と冬はもっと高くなるでしょう。)
2017年4月1日〜2018年3月31日までにかかる費用
0.2230×365=約81.4億円
20.9億円+81.4億円=102.3億円 になります。

ここまでの損はほぼ確定です。


Aこれに加えて、築地をつぶさずに、再度何らかの施設を作る場合、
業者が、築地を去れればよいですが、
部分的に築地を存続し続けるのであれば、そのための費用がかかる可能性があります。
これはいくらかかるんでしょうか。
どの程度築地を残すかにより、算定が大きく変わるため、現段階では算定しづらいので省略します。
築地の用地を遊ばせておく機会費用、いまある築地の建物の一部改修費用などがあると思われます。
また、築地市場も開けておくのであれば、築地市場のランニングコストもかかりますね。
卸売市場会計を除いても、築地には補助金という名の都税が毎年10億円かかっています。
本当に、豊洲と築地の両方とも市場を開けておくのでしょうか。


B仮に、築地に食のテーマパークを作る場合、豊洲の千客万来施設が撤退の意向を示しています。
豊洲の千客万来施設は、今のところ、月720万円で50年契約で交渉しているようです。
計算すると、約43億円です(確定ではないですが)。
これがなくなることになります。
千客万来施設は、運営会社として、すしざんまいが去り、さらに、万葉倶楽部が去りそうです。この後は、よほど条件やコンセプトを変えないと誰も来ないでしょう。たいていの企業は小池都知事の思いつきにつきあいたくないでしょうしね。


C騒ぐだけ騒いで、築地や豊洲の風評被害&実際に汚いという情報流布を生んでいます。
この払しょくは簡単ではありません。
これに今後いくらお金が積まれるのでしょうか。
いま、卸売市場会計では、こっそり、福島の産品の風評被害対策などにも資金が使われていますが、他県のことをしている余裕があるのでしょうか。

スポンサードリンク






D都知事が築地に戻ると発言しているため、それを信じて、築地の施設を残した、新しく設備を買ったなどの事例はすでにあるでしょうし、今後もあるでしょう。
もし、築地に戻らないとするならば、そうした費用の補てんを東京都がしなければならないでしょう。
逆に、築地に戻る場合、すでに、豊洲用に設備を買っている業者がかなりありますので、これらの設備のための補てん費用がかかります。仮に設備が30年償却で、5年で築地に帰れば、25年分は払うことになると思います。
この金額も今のところ算定できません。


E豊洲に市場は建設してしまっています。築地に戻る場合でもこの建設費用はかかります(すでに借金などしています)。
これは、建設費用は5900億円です。都の資料を読むと50年は使う計算です。
一年あたり、118億円かけていますが、使わなかったら、その分無駄ですね。
5年で築地に帰るならば、少なくとも45年分、5310億円分無駄です。
築地に戻る場合は、加えて、新築地市場の建設費用と、食のテーマパークの費用がかかるでしょう。
築地に戻る場合は、豊洲市場の土地と建物はあまりますが、民間に売却などする場合、そのまま売れる可能性は低く、壊すのに150億円かかるという試算があります。


Fその他、これに関わった公務員の人件費、たくさん作った委員会の開催費用、先生への謝礼・交通費、マスコミ開いて会見、など色々ありますね。

スポンサードリンク





ここまで、
・遅れた時間分、事業者に払う補償費 約100億円
・5年で築地に戻れば、豊洲の建物代5310億円+取り壊し費用150億円
・築地の建て替え費用1000億円(あくまで想定であり、豊洲の例を見ると、実際はこの3倍程度と予想)
・築地の食のテーマパーク建設費用数千億円?
・豊洲の千客万来施設が撤退すれば、入りそうだった収入43億円
・豊洲の跡地にマンションとか建てるとすれば、その費用数千億円?、
・まだ算定していない費用の数々。。。

これらを踏まえると、最終的には軽く一兆円超〜二兆円の赤字が見えてきましたね|д゚)
この件だけで、都民一人当たり10万円〜20万円くらいかな。
急に税金10万円追加でとられたら、集団訴状で訴えてもいいレベルだと思います。
豊洲を見てもわかるとおり、マンションやテーマパーク作ってもちゃんと利益を得られるかどうかはわかりません。そもそも日本のテーマパークってディズニーとUSJとあとちょっとしか儲かっておらず、ハウステンボス以下のきなみ経営苦しい&つぶれてると思うのですが。。。
事業者がやっても難しいのに、投資関係は素人が多いと思われる行政がやるという寒気。。。


これらの金額は、全部小池百合子都知事のポケットマネーで払っていただけるんでしたっけ。
自民党を無理やりたたき続け(叩く程度や一部の内容がおかしかった)、こんな都知事の政党を応援し続けた偏向報道のマスゴミも、騙される都民の多くも┐(´д`)┌ヤレヤレって感じです。
この問題に限らず、最近の世論は、そこそこの悪を叩き、大きな悪を見過ごすことが多いと思います。
最近の自民党のやり方が問題ありまくりなのはわかりますが、
それ以上に、小池氏がどの程度行政能力がないかは、十分わかったと思うのですけどね。。。

ここまでは選挙前から十分予想できた展開です。これくらいで終わってくれれば良いんですが、残念ですが、ここから4年間でもっとひどいことが次々に起こる気がしています。。。一刻も早く辞めてほしいです。。。


ぁ、余談ですが、
東京都からほとんどすべての地方自治体には交付金が配布されています。
例えば、2016年で言えば、年間収入が1000億円以上減れば、東京都は赤字自治体に転落します。
景気悪化や、政策の失敗により、東京都の財政が悪くなると、制度改正などにより、地方自治体への交付金は減る可能性もあり、日本全国の自治体の財政が悪化します。
そうすると、地方のサービスが順次カットされていきます。

仮に、豊洲市場建設の借金を一括で払ったり、新築地市場を一括払いで作ったり、
この他にも、オリンピック施設にいちゃもんつけて、建設が遅れて、工事期間が少なくなることで、その分早く建設するために余計にお金がかかったりすれば、年間1000億円はわりとすぐかもしれません。
よって、都民の方以外も東京都知事の動きは注視しておいたほうがよいです。
別に、東京だけの話ではないですのでご留意を。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?


スポンサードリンク




posted by newser at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック