2017年07月01日

都議選前に、各党の近況、メリットデメリットをまとめてみた

東京都議選が明日投票日です。
この党最近なにやってたの?ということを国政も軽く含めてまとめてみようと思います。
まぁ、あくまで都議選なんで国政はウエイトを少し落としつつ。

スポンサードリンク




CAT9V9A9145_TP_V.jpg

選挙前 現員126人(定数127人)

自民党・・・56議席
【短所】小池百合子都知事(現希望の党党首)とマスコミにより、なんとなく都議会自民党が悪いイメージを作られている。
豊洲の談合疑惑など工事業者との癒着が疑われる。ドン内田の専制により、都政が停滞したらしい。まだ法的な話になっていないため、あくまで疑い。ただし、工事業者との癒着が疑われたドン内田は引退。
引き続き、都議会自民党自体の全体責任を問うかどうか。
国レベルの共謀罪などのことを考えると、積極的に入れたいという気には全然ならないが、都議会と国をどこまで切り離して考えるかどうか。

【メリット】
これがあったから明確に東京が悪くなったということもなく、東京の状況・政策が悪いわけではない。
見えにくい仕事もたくさんある中で、これは非常に評価すべきポイントだと思う。
野党と違い、議会を建設的に進めるなどもしていたはず(特にすごい仕事をしていたとも思わないが)。
外野から単に批判をしているだけではないということがどれだけ大変なこととか。
防災、弱者対策、福祉などがメイン政策の様子ですね。

公明党・・・22議席
【デメリット】都議会選挙に関して、自民党から都民ファースト側に乗り換えた。共謀罪に関して法務委員会を中間報告で終わらせたり、野党の求めに応じて閉会中審査を検討しろとか、国政側でも自民党の批判に回ったり、和を乱したり。自民党とそろそろ仲たがいするのかな?都議会だけなのかな?


【メリット】
特に国レベルでみえていたのが、若干政局が荒れていても、良いことは良いといえる時折見せるバランス感覚の妙だと思う。ただし、最近の公明党のバランス感覚はかなり悪いと思う。
弱者対策、公会計制度など、比較的細かい政策が出ているのが特徴です。

東京改革議員団(民進党系+民主党系)・・・18議席
【メリット】民主、民進の特徴として、とりあえず批判はする。これ自体、ないよりはずっといいし、批判をまとめる第一党の立場もこれはこれで大変。批判すること自体に良い面もあると思います。
弱者対策、中でも子供対策に主眼を置いているのが特徴です。

【デメリット】いったいこの人たちは最終的になにがしたいのかがいつもわからない。思想もばらばらでよくわからない。自民党の批判票としての票がある程度入っていたと思われるが、それがどのくらい引き続き流れるか。
民主党時代には、政局、政略のためなら、良いことすらダメという意固地なところがあり、行政が滞ったが、党名が変わって、どこまでなおっているのか。
国会でも、野党第一党にも関わらず、不信任決議案ばかり。どうせ与党多数で否決されるんだから、国会戦術中心でなく、もう少し政策寄りにで勝負してほしい。

共産党・・・17議席
【メリット】
貧困者対策、反原発、戦争反対など、理念がしっかり。野党色が強い。
政務活動費の公開など、自党の情報公開をしています。これは良いと思います。
豊洲移転中止、外環道延伸など大型開発中止、9条反対、弱者対策などがメイン政策です。

【デメリット】 
都議給料削減とかを政策にしてアピールしているが、厳密には、それは政策活動ではありません。
給料削減ではなく、その分しっかり仕事をしてもらえばよい話。給料削減しすぎて、良い人が来なくなるのが最も悲惨です。
弱者対策以外は偏っている印象はあります。

スポンサードリンク





都民ファースト・・・5議席
【メリット】
豊洲工事などについて、一部情報公開を少しして、自民党の癒着を止めようとした。
ただ、盛り土が実は重要だという話や、築地の再開発を決めるプロセスなど、大事なところはいまだに隠しており、単なる情報操作でしかないようにみえる。
また、自民党の癒着があるとしても止まっていない。ドン内田が引退を決めたが、東京都の運営という観点から考えて、果たしてそれも良かったのはどうか(公正性という観点からみればたぶんよさそうだが、東京全体の推進力という観点からみるとわからない)。
情報公開、待機児童対策などがメイン政策ですが、豊洲移転問題をメイン政策として考えていないのが特徴です。

【デメリット】
○そもそも行政の運営ができない
・@自民党の癒着の疑いを指摘し、Aオリンピック会場の問題で、すでに決まったことについて異議を唱え、B今まで30年にわたり、行政が築地関係者にお願いして実現しようとしていた豊洲移転を直前に止めた。
このようにして、行政の動きを止めるのが得意。しかし、止めた行政を良い方向に動かすわけでもなく、止まったままであり、問題が逆に日に日に大きくなっている。
つまり、通常の行政すらまともに運営できていない。

・部下からの信頼がなく、小池都知事に不利な情報(築地汚染情報とか、都庁職員の小池氏と違う見解)がどんどん都庁内部からマスコミに出ているなど、部下と仲良くできていない。(そもそも小池氏は、防衛大臣時代に、部下ともめて2か月で首にされている。)
小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味


○東京のイメージダウンに大きく貢献
オリンピックも市場問題も批判するだけ批判して、東京のイメージダウンに大きく資している。
(オリンピックの盛り上がりとか、築地ブランドとか相当水を差されている。普通に豊洲にうつっていれば、築地の汚染はいまさらそこまで問題にならなかった。)
野党なら批判だけでもいいけれど、都知事や与党は責任者であり、当事者意識が必要だが、それがまるでない。
前任者を批判して、マスコミが喜ぶように政治をしているが、都民の方は一切向いていない。

○やり方が不透明
・委員会を乱立させるが、入っている委員もお友達が多いなど偏りが大きいし、委員会の結論を別に踏まえるわけでもなく、最終的には小池氏の独断で決めて発表という形をとっている。
今後も、自民党や既存勢力を敵にして、批判ばかりを繰り返し、支持率をあげようとするが、何も決断せず、独断で八方美人の玉虫色の回答をして、結局都民の税金ばかりが使われるループは続くと思われる。
・築地再開発よりも豊洲移転の方が安いなど、実際とは違うことを、手下の委員会を使い、平気で言う。
本当は豊洲市場移転の方が全然安い。築地と豊洲のコストを徹底比較

・立候補者の選定方法も不明。多くの塾生が試験を受けたはずだが、候補者を見ると、元民進党議員とマスコミ関係者と昔インターンで受け入れたなどの縁故のお友達ばかり。普通に試験した塾生はいったいどこへいったのか不思議。候補者には演説の練習もないらしいが、街頭でどんな素晴らしい話をしているのでしょうか。少し聞いてみましたが、待っても待っても、なぜか名前の連呼をしていただけでした。少しは政策の話を聞かせてほしいものですが。。。

・そういえば闇金融業者との癒着もありました。これはなぜあまりマスコミで報道されないのでしょうか。
小池都知事、闇金業者から違法献金を受けていた疑惑が発覚する

○公共事業推進派
小池氏自身こっそりみとめている記事もあるが、実は公共事業推進派であり、クリーンにみせているだけで、自民党よりも公共事業などでお金を使うことに熱心なのはびっくり(築地新市場とか電柱とかオリンピック関係者用の船とか。。。)。

○政治スタンスが不明
だいぶ左の生活者ネットと選挙協力するなど強く、もはや保守ともいえない。政治的スタンスが不明。



都議会生活者ネットワーク・・・3議席
明確なつながりはないと思われますが、共産党や社民党のように、9条を守ろうとか、左翼的な活動をされている方々が多いようです。都でいわずに、国でやったほうがいい内容にみえます。
食品の消費者安全とか、明らかな女性優遇(議員など全員女性)、環境など、主婦的な層を取り込んでいる感じでしょうか。「生活者」といっても、共産党などと違うのは、貧困層を守ろうというよりも、お金をかけていいものを食べるみたいな、ブルジョア的な思想のようです。
東京オリンピック招致、豊洲移転など、色々な政策に反対していることが特徴です。
というか、今回選挙に向けて、党としてのマニフェストがHPに載ってすらいませんが。。。

日本維新の党・・・1議席
【デメリット】
地域政党大阪維新の会が母体となり影響力をもつ、国政政党ですな。
母体で影響力を持つ大阪維新は大阪では存在感があるが、調べると、大阪の行政は相当停滞しているみたいですね。意外と天下り推進派のようです。大阪都を作るといってたが、全然進んでないというかもはや無理。主張もよくわからず、立ち位置に苦しんでますね。一言でいえば、何をしたいか、よく分かりません。
【メリット】
日本維新の党として、国会で、野党ながら、時々、与党の味方をして、法案を修正するという立ち位置をもつのであれば、それはありだと思う。都議会でもそうするのかな。
ただ、共謀罪の議論をはじめ、もう少し積極的に意見を出して、いい方向に変えてほしかった(これは公明党にも言える)。あの法案内容で妥協しているようでは、与党の見方をしている意味がない。党が小さすぎて意見が出せないというよりは、今一つ理解が不足している感じなので、良く言えば、まだ成長過程なのだろうか。豊洲移転決断、区などへの権限移譲がメイン政策になっています(大阪とよく似ていますね)。


他は5議席、いずれも1議席なので省略します。
そもそも、自分の区に、すべての政党が候補者出してるとは限りませんので、選択肢は限られますよね。
党だけじゃなくてそれぞれの候補がよさそうかどうかも踏まえて、
最終的には、すこぉしでもましかな、というところに入れればよいのでは?と思います。
不信任度合の比較みたいですけどね(そういう選挙多いのでため息が出てしまいますが)。。。


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?


スポンサードリンク





posted by newser at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック