2017年03月26日

てるみくらぶでの旅行はトラブル等前提であり、残念ながら同情の余地がない

てるみくらぶに関して、被害を受けた方にはちょっと厳しめの意見を書こうかなと思います。


スポンサードリンク




はっきり言いますが、テロ尽くしで危険度が増している近年にも関わらず、海外に行くのに、隣の県にいくのと同じ感覚で行く人が結構いるような気がします。
海外は隣の県と一緒ではないです。かくいう私も海外で危ない目にあったことがあるので、自戒をこめてなわけですが。

女の子が一人か二人だけでインドやアフリカに個人旅行で行き、英語もほとんどしゃべれなくてチケットが買えないとか(謙遜じゃなく)、夜ふらふら外に出ていくとか、何をされてもかまわないのか?と疑うレベルの人がたまにいます。famous Japanese KAMONEGIです。
さすがにもうちょっと準備というか、最低限の防御や覚悟をしてから海外にいかないと、と思うわけです。

てるみくらぶは、昔から、格安ならぬ激安で超有名で、私も知っています。格安旅行をしていた時代には、比較旅行サイトを使って検索していましたが、だいたい一番安い金額で出てきます。しかも、他を寄せ付けぬ異常な安さです。
私は、あまりの安さから、使用を検討したことはありますが、使った覚えがありません。なぜならば、安くても圧倒的に評判が悪く、いろいろと問題があり、使うことが難しいからです。格安旅行を繰り返していた私からみても、安くてもこれはいくらなんでもちょっと使えない、というレベルの商品を提供していたわけです。
いったいどういう問題があるのでしょうか。

帰りのバスなどで複数のみやげ物屋により、強引にみやげ物を薦められます。みやげ物屋から旅行会社に紹介料が渡されており、それが旅行会社に入ります。そのキックバックを前提に旅行代金を安くしているわけです(みやげ物は高め)。昔は日本でもよくあったようですが、今はほとんどこの手法は日本人相手にはとられていませんし、この手法をとっていても、てるみくらぶほどキックバックがひどいものはまずありません。

最近では、それと同じ手法を、韓国の旅行会社がまねて、中国人客を陥れていることから、中国人の韓国の旅行人気にかげりが出ているところです。
中国人の旅行会社が中国人を日本に案内する時にも同じ手法が使われることがあります。

こうしたことが問題視されていることは、ある程度、新聞やネットを見ていればわかるはずです。また、そもそも安すぎてちょっと怪しいかな、と思い、「てるみくらぶ」と検索すれば、それ以外にも催行に関し、航空券がなかなか手配されなかったり、集合場所に誰もいなかったりと、悪評はいっぱいのっています(今こういう事態が起こる前からいっぱい載っています)。こうした準備なしに、格安ならぬ激安を使い、トラブルがまったくないと思ってしまうところに疑問を感じます。

てるみくらぶのチケットは、飛行機のキャンセルもききませんし、仕事で使えるようなものでは当然なく、休暇に使うにしてもみやげ物店立ち寄りばかりで現地での時間が何時間も大きく裂かれる異常な日程です。お金がない学生などが使い、腹立つ〜と思うのは理解できますが、記念の旅行とか家族旅行で使おうとしていたとするならば、申し訳ないですが、非常識だと思います。何か危ないかも、と思うのが普通です。JTBや近畿ツーリストのチケットが不履行になり、損をした、とかとは根本的に全然違い、そもそもがギャンブルみたいなツアーです。てるみくらぶを選んだ時点で軽率であり、トラブル前提です。残念ながら同情の余地はほぼありません。

平和ボケした海外から見て非常識な感覚のまま、浮かれて海外に行ってしまうと事件や事故に遭いやすいわけです。結果、現地警察とか外務省のお世話になるわけです。

仕事プライベート含めて、海外には数十か国行っていますが、だまされたり、不愉快なことに巻き込まれたり、危険な目にあったり、何度もあります。できるだけ自ら危険なポイントに行くことは避けていますが、それでも危険にはしっかりあいます。浮かれていれば危険に遭う可能性はあがります。

今回、てるみくらぶで損をされた人は、腹が立つのはわかりますが、行く前に損をして、そもそも海外に行くということに対する自覚が足りないことに気づいて良かったと思います。
調べた限りでは、たぶんお金はほぼ返ってきません(JATA(旅行業協会)の弁済業務保証金は全然足りないとみられます)が、反省する機会ができました。話のネタにもなりました。命も無事です。てるみくらぶのへんてこりんで不快な危ない旅にも行かなくてすみました。

海外ではお金を安全で買います。平和ボケしているとカモられます。下手すると殺されたり、重傷を負ったり、レイプされます。普通に結構ニュースでやってますよね。ニュースにならないものもたくさんあります。家族がはっきりわからない行方不明の場合とか、被害者が犯罪を受けても黙っている場合は、ニュースにすら、なかなかならないものです。つまり、実際の被害はニュース報道よりもずっと多いと考えられます。

海外には、日本より安全な国、とされている国もありますが、その国の人間ならば安全というだけであり、日本人が行っても、日本よりも安全とはまったく限りません。土地勘や語学が完璧で、見た目もその国の人に見えるなら別かもしれませんが、一般に、日本人は見た目などで、外国に行けば外国人とわかってしまうため、どうしても標的になりやすいです。しかも、こぎれいな服とかで行くので余計危険なわけです。

外務省HPによると、
日本人の一年間の海外出国者数は1690万人、うち、犯罪被害約5000人、死亡500人(うち傷病が400人) だそうです。まぁ、これは、届け出られたものだけです。特に窃盗などは届け出ているとは限りませんので、軽犯罪はおそらくもっとずーっと多く、何十万件、下手すると何百万件だと思います。
被害の大小はありますが、何回かに一回は何か被害に遭う可能性があります。

被害をどうしても避けられない場合ももちろんありますが、避けられるものは避けたほうがいいと思います。
そのためのお金を惜しむかどうかは個人の自由ですが、安全費用として、なるべく最低限のお金くらいは出したほうがいいと思います。


外務省の役割として、邦人保護をすること、が含まれていますが、軽い気持ちで海外に行く人が増えていること、渡航が低年齢化していること、危険な地域に行くこと等に対して常に警鐘を鳴らしています。

邦人保護全般対象ではないですが、外務省が、このたびゴルゴ13を使って、中小企業向けの邦人保護マニュアルを作っており、ちょっと話題になっています(しかも全13回もあるw)。
Screenshot_2017-03-26-02-10-17_crop_400x143.png

中小企業向けなんで、ちょっと主旨は違いますが、これでも読んで、ちょっとくらい安全に対する意識を高めて、なるべく安全に海外に行っていただければと思います。特に海外では、楽しさや仕事やお金よりも安全を優先しなければならない時がありますよ、結構。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
↑今何位でしょうか?
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク





posted by newser at 03:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旅行会社の倒産による旅行代金の持ち逃げと、格安ゆえのサービスの悪さは一緒にすべきではないでしょう。
今回の事件について色々と誤解されているのでは?
Posted by at 2017年03月26日 14:14
はじめまして。
てるみくらぶで先月ハワイにいきました。
てるみの売りってよく言われる安かろう悪かろうの激安ツアーとちょっと違うんですよ。
私の場合は、往復デルタのビジネスデルタワン、アウトリガーのクラブルームのオーシャンフロント、クラブラウンジで食べ放題飲み放題、最高級のカクテルで、最高のサービスをうけました。
他社ですとクラスワンレベルの高級ツアーになるので、4〜50万ですが、これがてるみだと20万。
絶対おかしいなんかあると思いましたが、最後までなんもなく、(みやげものやなんかにつれていきませんよ。送迎のバスがださいけど、説明会が面倒だけど
それは、トラブルの際の対応方法を案内してくれるのでかえってありがたかったし、トロリーも4ライン乗リホーで現地で全然お金使わないで済んだ。その分でブランド品の買い物ができた。)
こういうの10年も続けてたんですよ。被害にあった方はきのどくだし、自分も痛い目を見るかもしれないと思うけど自分のような底辺の派遣社員が、一生無理と思ってたビジネスクラスのクラブルームツアーでまるでセレブのような旅行ができたのは、てるみがあったからこそだし、私としては感謝しかないです。
ツイッターみると、怒りの声の他にてるみ大好きだったというのもけっこうあるので、あの料金じゃてるみ側の利益はほとんどなかったんじゃないかなあと思います。よく薄利多売で10年もがんばってくれたなあって。行く前あんまり安いんで、心配で帝国データバンク検索したんですよ。財務状況も悪くないみたいだし
(私のレベルじゃよみとれなかったのかな?)
リピーターが非常に多いって書いてあった。
満足してた人もいっぱいいると思うんだけどな。
Posted by まりこ at 2017年03月26日 15:32
今回問題になっているのは企画会社の財務リスクであって、旅行中のサービスの質のリスクとはやや性質が異なるものだと思います。国外での犯罪リスクもこの件については的外れです。

文中のお土産屋さんの下りは明らかに事実に反します。旅程には含まれていません。

今回マヌケにも財務リスクを見抜けず渦中にぶち込まれた一消費者である私からすると、このエントリーを読んでも「海外経験が豊富な賢い自分であればこうはならなかった」という結果論でドヤ顔している様しか浮かんでこなかったので単純に不愉快でした。
Posted by at 2017年03月26日 17:21
知ったかぶりなつまらん意見お疲れ様。
Posted by at 2017年03月26日 18:05
自分は旅慣れているプロだとドヤ顔で書かれてますね〜てるみくらぶの肩を持つ気は全くないですが、参加したこともないのにネットの情報だけ見て書くのどうなんですか?
使ったことありますけど、土産物屋に寄られませんでしたし特に問題はありませんでしたよ??

>仕事プライベート含めて、海外には数十か国行っていますが、だまされたり、不愉快なことに巻き込まれたり、危険な目にあったり、何度もあります。
自分もそれくらい行っていますが、個人手配含め危険な目にはあったことないですよ。貴殿こそ危機管理能力ないのではないでしょうか?
Posted by at 2017年03月26日 23:23
みなさま、ご一読、コメント誠にありがとうございます。
少したまってきたのでコメントしたいと思います。

1 まず、てるみくらぶについて、良い、悪い両論あったことは理解しております。
ギリギリの運用であろうとなんであろうと、何も問題がなければよい、となりがちであり、何かあれば悪い、となりがちです。よいとされたネット上のコメントでも、何か問題になりそうだったが問題なくサポートしてくれた、などの評価が多いように見えます。
また、悪評がいっぱいあったにもかかわらず、使うということは、そもそも薄氷をふんでいるわけです。結果的に何もないことは素晴らしいことですが、何かあってからでは遅いとも考えられます。

2 間違われては困りますが、筆者は、格安ツアー会社を結構使っていますし、多くは特段問題ない、むしろとても良いと思っています。ただ、何度もツアーを比較した方ならわかると思うのですが、てるみくらぶは明らかに条件などが他とは違うのです。たとえば台湾とか韓国行きでもなぜか一万円、二万円近くも安かったりもしましたが、深夜発1泊3日の弾丸ツアーで4件、計4時間近くのおみやげ物屋滞在があったりするのです。いったい何をしにいくのかと。顧客のことを考えているのか、いったい誰が使うのか?と。激安ツアーのため、いつも検討しながらも、諸条件の劣悪さ、評判の悪さに結局使わなかった会社です。ネットは再度事実を確認するのに使っています。

 てるみくらぶで無事に旅行されたことは、もちろんそれはそれでよい事だと思うのですが、だからといって、てるみくらぶをよしとすることはできません。
いくら積み重ねても結果論でしかないからです。よしとしないのは、初心者向きのパッケージ商品が多いにもかかわらず、初心者では超えにくいハードルを多く内包し、利用者を戸惑わせていることが主要因です。ただでさえトラブルに巻き込まれやすい海外渡航において、日本出発前からトラブルが起こる可能性を心配しながらいくような渡航なら、前提を見直すべきです。大事な旅行であれば避けるべきです。
でも、だいたい、海外旅行って大事な旅行であることが多いですよね?

3「まりこ」さんからもコメントいただきましたが、利益がギリギリであることも気づけば、その時点で不安視すべきです。持ち逃げ(実際には不渡りですね)の話と格安ゆえのサービスの悪さの話を混同されていると言われている方もおられますが、わたしは怪しいと思いながらも、てるみくらぶ及びそういう商品を選んでしまう人のモラルハザードに対して批判をしています。
格安がどこでもサービスが悪いわけでは断じてありません。
 
てるみくらぶは、キックバックで収益を得るという構造自体にすでにモラルハザードがあると思っています。そういうモラルの低い会社のチケット買って大丈夫ですか?検索一回でもしてましたか?検索して買っているのであれば自己責任だし、してないのであれば情報収集不足または判断ミスだと思います。事故以前にてるみくらぶを使った人の感想とかも数読みましたが、語学ぺらぺら、体力十分とか何があっても大丈夫で文句を言わない人以外、そもそもこの会社の商品を買うこと自体が間違っていると思いますし、あっても自己責任だと思います。厳しくて申し訳ないですが。
今回の記事は、公人批判ではなく、私人批判ですので、こちらもある程度たたかれることは想定しています。意見の違いはあります。

なお、てるみくらぶの商品の中には、キックバックを含まないものもあることも知っています。が、そもそもキックバックを多数する商品を取り扱っていたこともご存知でしょうか。安さという条件で一番に出てくるのはてるみくらぶですが、一番に外れるのもてるみくらぶです。自分が使ったプランにキックバックのものが含まれていなかったから、といって、1つのプランだけ見て決めてしまったのであれば、それはやはり選び方として疑問が残ります。


4 私は旅のプロとは申しあげませんが、海外に全然行ったことがないわけでもなく、ネットをみただけで書いているわけではないです。いちおう、数十カ国渡航と書きました。実際には海外在住経験もありますし、ビジネスでは、世界のほとんどの国と取引をしていたこともあります。渡航としては、超てきとーな旅行から、きわめて厳しいビジネスもあります。そうした際にはいろいろなタイプのチケットなどを国内または現地でとるわけですが、安全に旅行したいと思えば、最低限調べてとります。価格優先でチケットをとったこともそこそこありますが、安いには安いなりの問題点がある場合も結構あります。後から何らかの形で回収しようとすることもあります。
結局、お金はそこそこかかります。できるだけ安く、はいいと思いますが、出発前に、何が何でも最安値となったときに出てくる選択肢の筆頭がてるみくらぶだと思います。出発前から何が何でも最安値を求めることが、海外に向かう姿勢でしょうか?

5 最後に、私は危険な目やトラブルに多くあっております。危機管理が常に十分だったかといわれるとそんなことはありません。が、ビジネスに関しては穴をあけておりませんし、プライベートに関しては、幸運なことに大きな怪我などはしておりません。
ビジネスでは、難易度が高いものもあり、自分がいったとき、行った人を支援した時、共にアクシデントはあります。アクシデントの中には、日本では考えられないこともあります。日本的常識だけでは避けられないものもあります。そうしたものを回避するために、やむなくお金を払うこともあります。駆け回ることもあります。それらは物事をうまくいかせるための必要経費とむりやり理解するしかない場合もあります。海外に渡航したり、やりとりする場合には、日本と同じ感覚では厳しい場合も多いです。
逆に、プライベートでは、いろいろなものをみるために、旅の難易度をあげることがありました。周りに日本人などおらず、語学堪能とはいえませんが、日本語、英語がほとんど通じない地域などにも結構いきました。そのため、色々な体験をすることができましたが、そうした中では、どうしてもアクシデントもありました。気を抜いた中でのトラブルについては、反省をしています。が、そうでないものも結構あります。それらについては、うまく回避できたことを経験としています。また、トラブルに巻き込まれそうな人に言うことが社会に対して役に立つことだと思っていますので、辛らつなコメントは大変つらくはあるのですが、批判覚悟で書いており、それ自体大切なことだと思っています。
てるみくらぶを選んでしまっている時点で、今回、損をしたかどうかに関わらず、とてもトラブルに巻き込まれそうな人にみえます。

 数十カ国行かれて、何のトラブルにも巻き込まれていないかたもおられるようです。それは危機管理がきちんとしていて素晴らしいことだと思います。
ただ、トラブルに巻き込まれるかどうかは、旅程や目的、ビジネス等の種類、運などにもより、一概に、私の危機管理能力が低いから多くトラブルに巻きこまれ、何のトラブルにも巻き込まれていない方が危機管理能力にはなんら問題にならないという証拠にはならないと思います。私は自分で、危機管理能力がきわめて高いとは思いませんのでできるだけ注意しています。

6 海外でずっと赴任をしていたかつての同僚の中には、海外で事故をした人もいれば、死亡した人もいます。それでも海外との取引をやめるわけにはいかないので、必死で海外で事故がないように、気をつけていたわけです。みんな関係者に何もないように細心の注意を払っているわけです。

極論すれば国内もですが、海外、しかも自分の知らないところに行くときは、それでもやっぱり危険なわけです。そんな中、モラルに疑問がある、てるみくらぶを選ぶというミスをしたにも関わらず、代金が返ってこないだけで済んだことはまだ全然ましかと思います。

7 てるみくらぶにだまされてかわいそうに、というニュースがみたければ、どうぞTVをみて、なぐさめてもらってくださいませ。
そのかわり、新てるみくらぶにまたひっかかるかもしれません。旅行以外の分野で穴におちるかもしれません。私のここでの仕事は、そういう人が再び穴に落ちないようにすることです。

私のブログでは、なるべく、TVのニュースではなかなかいわない、その先の話をしようと思っていますので、気に入ればお付き合いいただけますと幸いです。

(追記)てるみくらぶが倒産したようです、150億円の借金があるようです。社長は、会見で新聞広告の負担であるといっていますが、それだけでは150億円の負債にはなりません。人件費など経費負担が増大したようです。それにしても、昨年度の売上が約200億円の会社に対して150億円の損失、しかも売っていたのは、もともと利益の少ない旅行商品の中でも激安の商品であることから、かなり前から自転車操業であったと思われます。

会社の財務状況をみたかたもおられるようで、2016年9月期には売上が過去最大なのに、利益が赤字に転落しています。これだけをみて、一般旅行者が、もうすぐ倒産する、と思うのは難しいと思いますが、投資家であれば理由を追及するでしょうし、明確な理由がないと投資しにくいです。商品が急に売れまくっているのに、急に赤字になっているわけですから。投資対象となりにくい会社には新たに投資しませんので、今回銀行の支援を受けられなかったのだと思います。ただ、この観点から見破るのは難しめなので、どちらかといえば、無理な旅程などから見破るべきだったと思います。

以上、書ける範囲で書きましたが、諸々の事情からさらに強く書きにくいのは残念なことではあります。
Posted by newser at 2017年03月27日 19:20
全体的に筆者に賛成です。
結局、安いということは、そこで働いているひとの気持を考えれば、、、
そういうことを選択した人は、それなりの対価を払うことに、なるはずです。
Posted by よくばりさん at 2017年03月30日 18:31
てるみくらぶが格安旅行会社だったか、高級旅行会社だったか評判が良かったか悪かったかなど、今回の件には何も関係がないのです。
どんな高級で従業員の教育が徹底した評判の良い旅館であっても、当の旅館が潰れてしまえば泊まることはできませんよね。
今回の件はそういう事件です。
そこの違いに気づけないまま、てるみくらぶで旅行に行くやつはマヌケだとこき下ろしている点が不快だ、と言うのがコメントの指摘内容でしょう。
Posted by at 2017年04月05日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448374829

この記事へのトラックバック