2017年02月19日

高梨沙羅は勝ち続けられるか?日本からの応援がカギか?

ノルディックスキー・スキージャンプ女子で、高梨沙羅選手が優勝し、53勝になって、
ついに男子の世界記録に並びました。

これを超えて世界記録樹立は時間の問題です。

若干20歳にして、すでにジャンプ界のレジェンドであるのは間違いないです。

takanasisara.png
そこで、今回は、彼女が今後勝ち続けられるか?、何が障害となりうるか?、ということに関して、考察していきたいと思います。

まず、彼女の実力はずばぬけています。
たとえば、今シーズンW杯初戦(札幌大倉山ジャンプ台)高梨沙羅はぶっちぎりで優勝しました。
その時はスコアは、268.7点
二位の伊藤有希選手は、200.1点ですので、68.6点もの差がありました。
これは、距離だけに直すと一本平均19m以上の差があります。

この戦い、そもそも、コンディションが悪く、他の選手が120mのK点(基準点(少し前までヒルサイズの意味で使われた))まで飛べない状態であるにも関わらず、
高梨沙羅のみ134mのヒルサイズ(これ以上飛んだら危険ですよ、という目安の距離)を超えるジャンプを含む二本を飛んだのです。(ジャンプは二本飛んで合計点で順位が決まります。)


スキージャンプの点数は距離と飛型点で決まります。
きれいに飛んで、着地できれば高い得点、転んだら大減点など、
単純に飛んだ距離だけでないところでも評価されます。

よって、当然、飛型点もかなり重要で、それについても高梨沙羅は十分すぎる実力があるのですが、
それ以前に、これだけ距離の差があると、転びでもしない限り、他の選手はまったく太刀打ちできていない、という状況です。

同一条件、同一ジャンプ台で男子と比べても、さすがに男子の最高記録には負けますが、
混じって飛んでいても、上位に入るほどの実力があり、女子の中で飛べば、大会にもよりますが、一人だけ異世界人が混じっているような状況です。


彼女の強みとして出てくるのは、昔から大きなジャンプ台で飛んだことのある経験(恐怖心の少なさ)、集中力、踏切のタイミング、空中での姿勢、着地のうまさ、細かな修正が自分でできることなど、です。
多くありすぎますw

しかし、体格は小柄で、むしろ恵まれていないのです。プレッシャーに弱いところも若干あり、大きなポイントとなる大会で負けています(ソチ五輪とか、W杯総合優勝を決める試合など)。

そもそも、ジャンプは、飛ぶタイミングなどで風の条件(特に着地点近く)が向かい風であることなど、微妙な条件に大きく左右されるため、他の協議に比べても外部要因が高いと考えられ、大きく勝ち続けることは大変難しい競技です。

にもかかわらず、これだけの勝利を重ね続けていることは、すさまじく驚異的だと思います。

スポンサードリンク







さて、本題ですが、
今後勝利を続けていくには、
まず、高梨沙羅が今までどおりの実力を出し続けていくことがもちろん必要となるでしょう。年齢が上がるとパフォーマンスが下がる選手はもちろんいます。

また、競技人口が少ないスキージャンプ女子のレベルはだんだん上がっており、今後、高梨沙羅のライバルとなる可能性のある選手が増えそうな気配です。
今シーズンW杯で、初優勝を含む4勝をあげた伊藤有希、同じく4勝のマレン・ルンドビー(ノルウェー)など、何人かの選手は強いですし、平昌五輪からオリンピック競技になることもあり、競技人口は増えていくでしょう。


そして、もっとも問題なのが、制度改正の可能性です。

冬の競技全般にいえることですが、特にスキージャンプに関しては、基準を変更してヨーロッパ選手を有利にする、ということが繰り返されてきました。(国際スポーツの世界では、ヨーロッパの政治力が強いです。フィギュアスケートの年間ランキングも、ヨーロッパの小さい大会が重要視されるなど、そもそもヨーロッパ選手が有利になっています。)

男子でも、かつて、日本が強くなった時には、(風の浮力を受けるために重要な)ジャンプ板の長さについて改正され、身長が低い選手が不利になるような改正がされ、その影響もあり、日本男子ジャンプは一時期よりも停滞しました。

また、これと似たようなことが起きる可能性が十分あります。ヨーロッパ勢を勝たせるために、客商売として、制度改正を行う可能性があるということです。彼女の身長が低いこと、日本人の身体的特徴などに不利になるような制度改正がおこなわれる可能性があります。ひどいですよね。



では、これをなるべく防止するにはどうすればよいか?

我々がなんらかの形で、もっと応援して、日本が冬のスポーツを頑張ると、ジャンプが盛り上がる、という状況にならなければならないと思います。所詮はビジネスですので、異国アジアの選手がずっと勝ち続ける、それでいてそこまで話題になっていない、というのでは、その状況打破に向けて何かしら動かれてしまうでしょう。

今もそこそこ盛り上がっているとは思いますが、彼女の実力や業績を考えると、まだまだ少ないかな、と感じていますw ダントツ世界一、レジェンドとよべる選手が今日本にいるスポーツなんて、そう多くないはずです。


結果のニュース報道だけでなく、夜中にでもTV放送を行ったり、高梨沙羅グッズを作ったり(あまりない)、関連団体の努力をもっと増やして、スポーツ界での発言力を強めたり、スキージャンプ、ひいては冬の競技自体をもっと日本になじませる活動を増やすべきだと思います。まだスキージャンプやフィギュアはましなんですけどね。メダルをとることもあるノルディック複合とかすらTV放送するの五輪くらいですよね。


↓こういう高梨沙羅関連の本はありますが、かわいい高梨沙羅ちゃんグッズとかは見当たらない。




スポンサードリンク




夏の競技は100m走など、疑いの余地がないものが多く、世界中に浸透し、途上国の人々が活躍する場面が昔よりは増えています。

一方、冬の競技は、採点が絡むものが多く、力の強いヨーロッパ勢が基準を変えて、優位性を保っているケースがまだまだ多いと感じます。

*そもそも、氷や雪がないとできず、やりやすさにかなり地域差があること、採点のポイントを熟知するためにコーチが必要で、競技を行うこと自体にかなりお金がかかるものが多いなど、そもそも参入障壁が高いものが多い、ということはありますが。


少なくとも、スポーツの世界で、日本がヨーロッパの国に近い力を持つという観点で、高梨沙羅を取り巻く人たちや、それを応援する人たちができる範囲でちょっとでも動かないと、実力ではない部分で、だんだん高梨沙羅の勝率は下がっていくのではないか?と危惧しています。

小柄な人を不利にすると、比較的小柄な日本人自体が不利になり、今後ずっと不利になる可能性もありますしね。それはもっと危惧すべきことだと思います。


加えて、世界での人気確保も大事だと思います。浅田真央は世界的に人気が高いので、優勝しても、海外の人も喜びますが、高梨沙羅は世界の人気の面で、その域にはまだなっていないと思います。これは、主に、所属のクラレやスポンサーのマスコミへの対応の仕方などやりかたがうまくないと思います(特に、マスコミの撮影を拒否した事件とかが取りざたされるようではよろしくないです。)。もっと良い露出を増やしたりいかないと、浅田真央級になるのは厳しいと思います。対応ばかりでも良くないですが。


近年、夏の競技も結果が出ていない(マラソンとか)のが多いですから、冬はもっと頑張ってほしいものです。結果を出すために、周りが盛り上げていくことは結構大事なことだと思います。平昌五輪オリンピックはもう来年ですしね(^^)


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク







posted by newser at 07:45| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!
いつも楽しく読ませて頂いてます!
れなと申します!
なるほどです。。
折角、才能や実績があるのに
制度改正などによって、道が狭まれてしまう
可能性もあるんですね。
もっと頑張っている選手たちの追い風になるように
盛り上げて応援してあげないとですね!
色々と勉強になります(*^^)
応援ぽちします!
Posted by れな at 2017年02月21日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447137027

この記事へのトラックバック