2017年02月16日

涼宮ハルヒの憂鬱、NHKで再放送決定・・エンドレスエイトはどうなる?

涼宮ハルヒの憂鬱という、アニメーションがNHKで再放送されることになりました。

711xEUtmGEL__SX466_.jpg
NHKといえば、昔から不思議の海のナディアなど、
そこそこ有名なアニメを流しており、

また、他のTV局が作った、新世紀エヴァンゲリオンや進撃の巨人を再放送として流すなど、
比較的アニメをよく流す、TV局だと個人的には思っているわけですが・・・


涼宮ハルヒのアニメといえば、エンドレスエイトで有名じゃないですか!

これがどうなるかが大変気になっているところです。放送事故になるんじゃないかと思ったり。。。



涼宮ハルヒを簡単に説明すると、

実は自分の思い通りに世界を動かしてしまう、すごくはちゃめちゃな女の子ハルヒとそれをとりまく宇宙人等不思議な人々が繰り広げるちょっと不思議な学園生活アニメ

であり、もともと漫画なわけです。


んで、エンドレスエイトを簡単に説明すると、
ある夏休みが、なぜか延々と繰り返されてしまい、主人公たちはそこから抜け出られなくなってしまう。

それに気づき、どうやって抜け出ればよいかを考えて、解決に向けて頑張る、というお話です。


この話をアニメ化する時に、問題があったのは、この繰り返しの似たような話を、
30分×8週にわたって連続で放送した、という前代未聞のことをやった点です。

毎週、大体同じようなストーリーが流れる(厳密にはちょっと違う)という事態になり、
だいぶ話題になりました。


そこまで忠実に表現しなくても、、、という声が大きく、

DVDなどの発売も、エンドレスエイトの回から半減しました。

今のところ、これについて全部放送するという予定のようですので、8週連続で同じ話が流れるかもしれません。


しかし、批判や極端な視聴率低下が懸念されます。
毎回微妙に違っており、大事な回もありますが、回数くらい減らすかもしれません。
(伏線なども含めて、回数を減らして成り立つのか?という問題がありますが。)

NHKがそういうものを放送してしまってよいのか?(BSプレミアムであるため、衛生契約をしている際は、受信料負担が発生します。)など色々問題が出てきそうですが。


もはやアバンギャルドというかなんというか、このリフレインの手法は、アニメの枠を飛び越え、
現代アートに近いと思われ、ほんとうに抜け出せない、という焦りや、感覚を視聴者にも味わってもらう
(意図せず無理やり味わされる)という意味で、ありか、なしかで言えばありだとは思いますが、
普通の視聴者はついていけず(そもそもついていく必要性があるのか)、
だいぶ評価が分かれるものと思います。

この回が来たら、また噂になることは必至だと思われます。
これに対しての、みなさんの反応が楽しみです。
こういう前衛的な手法は果たして受け入れられるのでしょうか。
あくまで再放送であり、視聴者もわかっているので、
むしろ、その回だけ視聴率がアップしたりすると面白いですね。

早くみたい方はこちら
をどうぞ♪


↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク






posted by newser at 04:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。レナと申します!
突然のコメント失礼します。
前からブログを見る事が好きで自分も始めたんですが
こちらのブログがとても勉強になり、
参考にさせて頂いてます!
この記事も知りたい事が明確に詳しくのってますし
余計な文章が全然なくて、読みやすくて、、
ちゃんと主さんの文章で書かれていていいなあと思いました・・!私はまだブログの軸も定まっていないんですが・・、これからも参考にさせてください〜!応援します〜!
Posted by レナ at 2017年02月16日 12:35
 で、もともとラノベなわけです。
 大昔のマリエンバードじゃ有るまいし、シャッフルされておつむが痛く成る訳じゃ無いし、敢えて改竄する必要性も無く、其の儘放映されるでしょうね。 斯う云う形の作品が世に出たって歴史的事実を改竄する意味が無いし、其れに宿題を済ませ無いと夏休みは終わら無いと云う学童訓育テーマがオチだし。 視聴率、ったってマニア御用達で気にする迄の事も無く、大体リアルタイムで視てて、エンドが不明なのにゃ苛つきは有ったけど、何うヴァリエーションを今回は付けるのかと楽しめたと記憶してます。
Posted by 甕星亭主人 at 2017年02月16日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447042123

この記事へのトラックバック