2017年02月14日

金正男氏 マレーシアで北朝鮮により毒殺〜北朝鮮の暴発が危険

北朝鮮の今の最高権力者は、金正恩(キム・ジョンウン)ですが、
昨日、その異母兄弟、長男の金正男(キム・ジョンナム)氏が、マレーシアで北朝鮮がさし向けたとみられる女性二人により毒殺された、との情報が韓国で報道されました。クアラルンプール空港で毒針を刺されたか、スプレーをかけられたそうです((((;゜Д゜)))(二種類報道があります。)
微妙な立場だったから、普段から護衛とかあまりついていなかった模様ですね。

83a3c484_640.jpg
http://is2.storage.gree.jp/album/43/03/264303/83a3c484_640.jpgより引用)
調べていくと、どうやら、金正男は、中国と近しい関係にあったようで、北朝鮮の現体制を翻す可能性があるなどとして、常に狙われていたと思われます。

過去には、オーストリアなどで暗殺未遂が今までにも何度もあったようです。


北朝鮮は、国の威厳を保つために、ミサイルを売ったり、地下核実験したりしていますが、
最近では、中国の意に沿わないことまでするなど、独裁体制を強めています。


そういう時に、血縁関係の人がいるなんて、邪魔以外の何物でもありません。
日本の戦国時代とかでも、血縁で争うことは非常に多いです。

これにより、一層独裁体制が強まるとともに、ミサイル発射にとどまらない武力行使がないかどうか、中止する必要があるかもしれません。

中国とも最近仲が悪く、トランプが北朝鮮を刺激する可能性も十分あるので、困った北朝鮮が武力により暴発する可能性を恐れるところです。

*ソースなど、コメントで大幅に追記しましたので、よろしければそちらもご一読くださいませ。

↓クリックいただけますと、励みになります。どうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク




スポンサードリンク





posted by newser at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 過去の暗殺未遂の推定の根拠典拠をご教示下さい。本国の方針変更なのか、一貫した計画が奏功したのかで、本国情勢検証の視点が変わります。 
Posted by 甕星亭主人 at 2017年02月15日 02:17


>甕星亭主人さん
>
コメントありがとうございます。

暗殺未遂報道が確認する限り、二回ほど過去にあります。
2004年のオーストリアでの未遂、2009年の中国での未遂があるようです。


原文からソースはとっておりませんが、日本語版のソースや関連記事はこちら。
http://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=58767

http://cyucyo.blogspot.jp/2010/12/blog-post_19.html?m=0
http://s.japanese.joins.com/article/425/133425.html?sectcode=&servcode=500§code=500
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/232.html

これらは、キムジョンイル政権時だったため、後継者争いの様相が強いと思われますが、後継者争いが終わった後に、後継者になれなかったものは、争いの種にならないようにどこかに飛ばされたり、殺害されることは、世界史をみても大変多く、その流れの中にあるものとみています。
日本でも昔は、天皇家の一部を担ぎ上げて新しい政権作ったりしてましたね。生きている限り争いの種になります。

ましてや、金正男氏は、最近、http://www.dailyshincho.jp/article/2016/01270400/?all=1
http://www.news-postseven.com/archives/20140221_240871.html?PAGE=1#container
https://www.google.co.jp/amp/www.afpbb.com/articles/amp/2847568
など、中国との関係が取り沙汰されることもよくあります。

中朝関係が微妙になりつつある最近、
また目の上のたんこぶとなりはじめたので、積極的に排除したのだと思っています。

これらを考えると、
本国の、中国に対する警戒心が強くなっており、生かしておけない、という意味では方針変更をしたともいえると思いますが、

もともと邪魔であり、できればいつでも殺害したかった、という意味では方針変更はないとも言えると思います。

> 過去の暗殺未遂の推定の根拠典拠をご教示下さい。本国の方針変更なのか、一貫した計画が奏功したのかで、本国情勢検証の視点が変わります。 
Posted by newser at 2017年02月15日 04:16
 御教示大変有難うございました。 結局阿呆坊を馬鹿坊が後顧の憂い懸念で抹殺したと云う凡庸な結果だったのですね。 対ロンノル対クメールルージュのシアヌークの使い方をするには余りに素材が酷く中国も持て余してたと推察されてた蕩児ですから、今更何故と思ってたのですが、独裁者流の猜疑心の肥大憎悪化で付け狙ってた、との理解が妥当ですね。 然うとでも解釈せねば、何故此の時期に無能で人望皆無の傀儡としてすら遣い様の無い男をとの疑念が解けませんから。
Posted by 甕星亭主人 at 2017年02月15日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック