2017年09月09日

ついに出た日本初9秒台!男子100m走で桐生が記録!

男子100メートルで、桐生祥秀(21=東洋大4年)が日本人初の9秒台を記録しました。

日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)の決勝で、追い風1・8メートル(2メートル以上だと参考記録になる)の中、9秒98をマークし優勝。

伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新しました。

国内でもライバルが増えてくる中、桐生選手ついにやりました。

動画や、関連データなどは記事下部にて。

PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V (1).jpg
↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加


人気ブログランキングへ

↑今何位でしょうか?

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

↑こちらは今何位でしょうか?

スポンサードリンク














まずはご覧ください。


これで、歴代日本10傑は以下の通りになりました。
@ 9秒98 桐生 祥秀 17. 9. 9 (現役1位)以前の自身の最高記録は10秒01
A 10秒00 伊藤 浩司 98.12.13 
B 10秒02 朝原 宣治 01. 7.13
C 10秒03 末継 慎吾 03. 5. 5
C 10秒03 山県 亮太 17. 9.25 (現役2位)
E 10秒05 サニブラウン17. 6.24 (現役3位)
E 10秒05 サニブラウン17. 8. 5 (現役3位)
G 10秒07 江里口匡史 09. 6.28
G 10秒07 多田 修平 17. 9. 9 (現役3位)←決勝で2位だった多田選手も自己記録更新!
I 10秒08 飯塚 翔太 17. 6. 4 (現役5位)
I 10秒08 ケンブリッジ飛鳥17.6.23(現役5位)

(参考)(メンテ中)歴代世界10傑
@ 9秒58 ウサイン ボルト(ジャマイカ)  9. 8.16
A 9秒69 タイソン ゲイ (アメリカ) 9. 9.20
A 9秒69 ヨハン ブレーク(ジャマイカ) 12. 8.23(現役)
C 9秒72 アサファ パウエル(ジャマイカ) 08. 9. 2(現役)
D 9秒74 ジャスティン ガトリン(アメリカ) 15. 5.15(現役)
E 9秒78 ネスタ カーター(ジャマイカ)  10. 8.29
F 9秒79 モーリス グリーン(アメリカ)  99. 6.16
G 9秒80 スティーブ・マリングス(ジャマイカ)11. 6.4
H 9秒82 リチャード・トンプソン(トリニダード・トバゴ)14. 6.21
H 9秒82 クリスチャン・コールマン(アメリカ)17.6.7(現役)

*現役であることがきちんと確認できていない選手は現役とは書いていません。

世界では、速い現役選手がまだ多数いるものの、若くはなく、全盛期の勢いがない選手が多いです。
日本では若くて元気な選手がどんどん出てきているので、
ちょうど東京オリンピックあたりに日本と世界の差が縮まることを期待します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク









posted by newser at 16:33| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする